△またすまとめだよ

須磨でした。
編曲に関しては褒められまくったのであまり書くことはないかもしれない。

***

・(1場)よくなったねぇ~。リズミカルだし無理がない。まあまあ、上出来。最初の頃に比べたら全然。
・(ぱぱ)この歌詞なら曲はおもしろみ無くていい。前奏の部分はもっとまったりさせる。曲入ってからのリズムが映える。くそまじめな前奏で始めた方がよい。(演歌編曲)こっちはあまりにも演歌~やからね。こういうのよりもちょっと音域を上げた方がよい(ピアノの)。気持ちが浮き足立つ。歌の方はこのままでよい、あとはさらっと流すのがよい。途中からの歌も書き換えれるんだったら書き換えた方がよい。間奏も添え物で。
・(LC)可もなく不可もなく。よいよい。手を加えてもこれよりよくなるかと言われたら悩むだけ無駄。充分。まぁ~お嬢様お坊ちゃま。
・(VM)小学校低学年でこら大変だな。いいじゃん。ピアノが映える曲。やりがいがある。親が燃える曲。
・(メキシコ)よい。お祭りの雰囲気が出てる。南国の人はリズム取るのが上手い。小さい子には厳しいか。緊張が続く。余裕があって弾けるようにしておいた方がよい。他の音と紛れるところは多少ミスしてもよい。紛れてもよい。ピアノを聴かせるよりも盛り上げるのを目的に。親のために作る曲。
・(ちゃる)いいじゃん。楽しげに作っているからいい出来。さらっと書いた。ピアノが目立ってたら伴奏の多少のことはよい。こんだけピアノが凝ってたらあとはあっさりしすぎでもよい。今までの中で一番よい。凝ってる。遊び心もある。楽しく作ったら楽しいのができちゃった。最初の子はピアノ向かない。根気ない。和の世界の方が合う。書道させる。日本舞踊とか。静の世界。親がさせたいんだろうな。二人目は上手い。度胸ある。ピアノでやっていけるかどうかは別だが。先生向きかも。理系もいけて、数学的に楽譜を見れたり出来るのでよい。理論的に学術的に紐解いたり人に伝えるのが得意。ピアノもそこそこだし他の方面に行ってもがむしゃらに頑張るというか、いろんな能力が高い。要領がいい。芸術家はのめり込めないと。
・(どびゅ1)子供向けではない。深いテーマ。内側に溢れてくる思いを込めないといけない。表面的なことで表現しようとしてもだめ。編曲はこのままでよい。大人の曲。人生いろんな経験してきて4050になった人が扱う曲・題材。形整ってる。最後らへんは疲れちゃった。中途半端な終わり方になっちゃった。余韻を残す曲。この後は自分でこねくり回して考えてくださいね、というような題材。苦労してよくやっとる。さらーっと書けるのが一番よい。選曲がだめ。無理だよぉ~。
・(どびゅ2)指揮者は振り甲斐がある。振ってて気持ちいい曲。小難しいから興奮する。音が少ないから入れる時緊張する→高揚感。子供にとってもやりがいがある。さっきより扱いやすい曲。同じどびゅしでもこうも違うとは。これはまたこのまま使える。弾き手によっても表現方法がいろいろできる。
・職人になっちゃったねぇ~。手抜きできなきゃ。手抜きというか技ありというか。

続きを読む

テーマ : 雑記
ジャンル : 日記

tag : ベートーヴェン

2017-04-16 : 由無事 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

第2回ベルソンピアノコンクール受賞者演奏会でした。

ベルソンの本番が昨日でした!
みんなとても頑張っていたよ。

自分の編曲、本番に聞いてみると「結構いい!」って思えてよかった。
ただ、カットしたい部分も少しあって、やはり今回は締め切りぎりぎりの突貫作業で作ったなという感じ。

そういえば、指揮者のS井さんと話していたのだけど、
某曲をいいねと言われたのだけど、私的には一日で作った突貫曲だったので、意外だった。
そこから自分のことに思いをはせたのは、やはり私は「力が入りすぎて、逆にだめになる」タイプだなということ。
某御仁にも散々「力を抜け! もっと手を抜け!」言われ続けてきたからね。
某曲は一日で作ったから、逆に力が抜けていてよかったのかもしれない。
聞いてても不自然さが無かったし。(ちょっとオケの出番が少ないのは否めなかったけど……)
逆に、自分では傑作だと思ってた曲が音にしてみるとだめだめだったり。
やっぱりやる気になってやった曲の方がだめになるタイプなのかもわからん。

あと、私、むらがあるからね……。
自分ではどうにもコントロールできん。
曲の出来不出来のむらというよりは、精神力のむらかなあ。
コンスタントによい状態で作曲するというのができん。
これはもう、どうしようもないとは思うな。

一事が万事、どうやったら力抜けるんだろうなあ。


そういえばなっちゃんが聴きに来てくれました!
嬉しかったお。
ちなみに明日は静岡らしい。相変わらず飛び回る生活をしている……。

tag : 編曲 オーケストラ コンクール

2017-04-02 : 由無事 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

×メモメモ

・基本的に幸せになることを目的とするのがわりとよく、それ以外のことは手段である。
・目的をかなえるためにはいろんな道がある。
・私が幸せになるための道の一つに、「何かにつけ力を抜けるようにする」というのがあるのかもしれない。
・それが私の人生の課題の一つかもしれない。

難しいなあとは思うけど。
環境だけじゃなく、感受性がわりとある方だから、ってのも大きいかも知れないね。
嫌われたくないんだよね。

もう少しダイヴ。
2017-03-29 : 由無事 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

○まいにちたのしい!

ひらがなであることにとくにいみはないよ!

この週末はとても楽しかった。
カラオケボックスでクラの練習したでしょ、もと子(グランツェ同期・今は名字変わったけどなー)のお母様がやってらっしゃるカフェまでピラティスを習いに行ったでしょ、でさとこてんてーのお誘いで岡混聴きに行ったでしょ、帰りにまたクラの練習したでしょ。
充実しておりました。
大抵週末はアニ充なんだけど、今日はさと充でした。まる。

編曲も推し進めているよ! ほんとだよ!!

tag : 合唱

2017-03-26 : 由無事 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

○わりといい調子です

いろいろありましたが割といい感じ!
あにもにでの活動も楽しいですし。
○○○○○は入ってきましたし。

3/19の18:45開演で、ヤマハホールでクラリネットのコンサートがあるみたいです。
その日はあにもにが16:30まで入っているので(@守山生涯)、終わったら急いで伏見に行こうかなと思います。
Cl、最近触れてないけど、肩掛けショルダーの紐を注文したので(3月半ばにできあがる予定っぽい)、それで仕事帰りにできるだけカラオケボックスに寄りたいなと思っている。
歌ったり、楽器を演奏したりするのって、半ばスポーツだから、すっきりするよね。楽しみ楽しみ。

前、アレはフルートだと思うんだけど、総革の楽器ケースを持ってるお嬢様を電車で見かけて、すげぇ! とよだれだらだらでした。
革フェチとは私のことです。
肩掛けショルダーの紐は部分革、総革ではない……だってお金が。

バイトですが、4月から週4にするつもりです。来年でかい仕事が入ってくるとしたら、今年のうちに稼いどかないともたないからね。
頑張るよ。

tag : クラリネット 編曲

2017-03-07 : 由無事 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
« 前のページ  ホーム  次のページ »

スペック

まつい

Author:まつい

フリーで作曲・指揮をしております。
ベルソンピアノコンクール演奏会編曲家
 >>facebook

□■ 初演・再演情報 ■□
 16/01/15new
□■演奏会情報■□
 16/04/01new
□■ お仕事募集中!■□
□■ 教えられます ■□


↓むかし↓
愛知県立芸術大学音楽学部音楽科作曲専攻卒業
四日市市民オペラ「椿姫」副指揮者
三河市民オペラ「トゥーランドット」副指揮者
オペラ工房元副指揮者
名古屋音楽学校作曲科元受講生
混声合唱団名古屋大学コール・グランツェ28期OV
(名古屋大学文学部人文学科日本史学専攻近世史研究室卒業)
長良高校コーラス部平成14年度卒業生

カウンタ

since 2009/01/01

ブログランキング

こいつ、できる…! と思われた方、↑クリックよろしくお願いします。

タグクラウドとサーチ

> tags
レシピ 料理 編曲 ベートーヴェン コンクール オーケストラ 合唱 クラリネット アニメ 作曲 宗教 ミュージカル ネタ 弦楽器 指揮 ジャズ 演奏会 オペラ 初演 おんがく・むじか 病気・健康 旅行 俳句 短歌・俳句 プッチーニ ビゼー カラヤン 声楽 歌曲 仕事 楽典 対位法 和声 ソルフェージュ フーガ 写真 木管楽器 金管楽器 電子音楽 ToDo 自作品 近藤先生レッスン 漫画 現代音楽 バーンスタイン 青少年音楽入門 絶対音楽 日本音楽 洋楽 管楽器 自作作品 副指揮 政治経済 日本史 音源 オーケストレーション ストコフスキー バッハ 楽譜 買い物 オケストレーション EL&P ヒナステラ 世界史 尺八 木下牧子 ポルナレフ チンクエッティ 吹奏楽 レディオヘッド レッドホットチリペッパーズ クイーン フーファイターズ 音楽学 音楽史 ドイツ語 パナムジカ メンデルスゾーン サックス シュワントナー ディーリアス 岐阜 ホヴァネス ピアノ オッフェンバック ブルックナー ラフマニノフ バルトーク ラッヘンマン 作品 オーディオ 弦楽四重奏 教職 ラヴェル 譜面 ブルッフ シベリウス パガニーニ サン・サーンス チャイコフスキー ヴァイオリン協奏曲 教育 アンダーソン デザイン 日本語 ガーシュイン ブーレーズ 打楽器 日本音楽コンクール イベール 外国語 ドヴォルザーク 指導法

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QRコード