ずみまとめと二瓶まとめ

昨日はずみさんとお話しし、今日は二瓶先生の授業を受けたので、そのまとめ。


二瓶先生から。
どうして今日はわざわざ授業をまとめようかと思ったか、というと、忘れちゃいかんことを学んだからです、今日。
津軽三味線の高橋竹山さんの自叙伝をやりました。
我々は気軽に、「日本の音楽とコラボ~」とか「和楽器って格好いい~」とかいってこういった和楽器・邦楽器の音を使おうとしたりする。
だがそれは軽薄な発想であると自覚せねばなるまい。

竹山さんは小さい頃はしかでめしいになった。当時は明治・大正時代。畑の手伝いもできないから家族に疎まれるし、他人に馬鹿にもされる。盲人で学校に行けない子供は三味線で乞食みたいなまねをするしか食べる方法がなかった。いろんな村を回り、家の前で三味線を弾きながら謡う。音楽が好きな人は食べ物(米や芋)をくれるし、好きじゃない人もうるさいから物を与えて追い払う。
あまりにも煩わしいってんで、村が凶作の時なんかはそういった三味線弾きや按摩の盲人を村の前で待ち伏せて殺したりすることなんかもあった。
好きでやってるんでもない。芸術や表現のためにやってるんでもない。ただ食べるためにこれしかできなかった。
といって、稼ぎを博打や女に使っちゃう連中もいる。全然綺麗でも何でもない。
弦が切れても買うお金がないから結んで使ったし、撥が無くて櫛で弾いたこともあったとか。

その辺りの、三味線と三味線弾きの歴史背景を知らず、「音がいい」「旋律が綺麗」とかそういう表層的なことだけを見る、それこそが、『音楽の源泉』序説でクルト・ザックスがバルトークの民謡収集やドビュッシーのジャポネスクをこき下ろしていたその理由に繋がるのだろうか、とふと思った。
いや、あれも大概偏ってると思いますけどね。
だけど表面しか見ないってのは、相手(この場合三味線)に対してリスペクトしてないってことになるんじゃなかろうか、侮辱とまで言わないにしろ。
背景やバックボーンを知ってるだけで違う。
そして、だからこそ歴史に興味を抱くんだなあ私は、とも思うし。

(とはいえ、あまり彼を憐れには思わない。多分、あの時代で三味線で食っていけた、生き延びられたってすげぇ! と感嘆する気持ちが大きいからなんだろうな)

そうそう。今回のこの授業を記録しておこうと思ったのは、この授業を聞いた勢いで木五のスケッチを描き上げたから。記録しておかないと、いざ音にする段階でうまくいかない気がして。
木五は出します。室内楽の楽しみは多分出さないと思います。


次・ずみさんとお話。これは木曜日。
指揮を学ぶ当てを伺うのがメインでした。当てとして、
・指揮法の先生
・小島さんの師匠の黒岩先生
・小島さん
といった案を出されましたが、それ以前の問題として、
「まだ早いんじゃないの?」
と言われました。
そりゃあその通り。某氏もおっしゃってたが、振るのにいっぱいいっぱいでろくに聴けてないんだもの。(振って無くても……とか言わんといてーな)
よしんば聴けたとしても、じゃあ果たして振りながらプレイヤーとコミュニケーション取れてるかというと……こっちからボールを投げはする。だけど投げっぱなしで、向こうが取ってくれたか見れてないし、まして向こうが投げたボールをこっちで受け取っているような気がしない。
いざ文章にしてみると、本当に、指揮に関してはずぶの素人だなぁと思った。
棒の振り方とか、リハのやり方とか、それ以前の問題なんだなあ……と。

道は長いのお。

とまれ、まずは場数を踏んで慣れることだと思うし、今は目の前のこと(Combattimentoとヘングレ)を頑張るしかないね。
そして近藤先生からいろんな方法を学ぶのじゃよ。


今日はふいに行けるかしら?
その後実家に帰ります。
ところでさっきブログ開いたら15001踏んでた。15000踏んだのは誰だ(笑)
スポンサーサイト

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

tag : 日本音楽 指揮

2013-05-18 : 県芸 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

スペック

まつい

Author:まつい

フリーで作曲・指揮をしております。
ベルソンピアノコンクール演奏会編曲家
 >>facebook

□■ 初演・再演情報 ■□
 16/01/15new
□■演奏会情報■□
 16/04/01new
□■ お仕事募集中!■□
□■ 教えられます ■□


↓むかし↓
愛知県立芸術大学音楽学部音楽科作曲専攻卒業
四日市市民オペラ「椿姫」副指揮者
三河市民オペラ「トゥーランドット」副指揮者
オペラ工房元副指揮者
名古屋音楽学校作曲科元受講生
混声合唱団名古屋大学コール・グランツェ28期OV
(名古屋大学文学部人文学科日本史学専攻近世史研究室卒業)
長良高校コーラス部平成14年度卒業生

カウンタ

since 2009/01/01

ブログランキング

こいつ、できる…! と思われた方、↑クリックよろしくお願いします。

タグクラウドとサーチ

> tags
ベートーヴェン オーケストラ コンクール 編曲 合唱 クラリネット アニメ 作曲 宗教 ミュージカル ネタ 弦楽器 指揮 ジャズ 演奏会 オペラ 初演 おんがく・むじか 病気・健康 旅行 俳句 短歌・俳句 カラヤン ビゼー プッチーニ 声楽 歌曲 フーガ 仕事 ソルフェージュ 対位法 和声 楽典 木管楽器 写真 金管楽器 電子音楽 ToDo 自作品 近藤先生レッスン 漫画 現代音楽 青少年音楽入門 バーンスタイン 絶対音楽 料理 日本音楽 管楽器 洋楽 自作作品 副指揮 レシピ 日本史 政治経済 ストコフスキー 音源 バッハ オーケストレーション 買い物 楽譜 オケストレーション ヒナステラ EL&P 世界史 尺八 吹奏楽 ポルナレフ 木下牧子 チンクエッティ クイーン フーファイターズ レッドホットチリペッパーズ レディオヘッド 音楽学 音楽史 ドイツ語 パナムジカ メンデルスゾーン サックス シュワントナー ディーリアス 岐阜 ホヴァネス ピアノ オッフェンバック ブルックナー ラフマニノフ バルトーク ラッヘンマン 作品 オーディオ 弦楽四重奏 教職 ラヴェル 譜面 ブルッフ シベリウス パガニーニ サン・サーンス チャイコフスキー ヴァイオリン協奏曲 教育 アンダーソン デザイン 日本語 ガーシュイン ブーレーズ 打楽器 日本音楽コンクール イベール 外国語 ドヴォルザーク 指導法

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QRコード