スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

うちの犬が

死んだ……。
私が岐阜を出て長久手に移り住んでから早4年。
実家に帰るたびに「ああー、マッシュとこうして遊べるのもこれで最後かもしれんなあ」と思い続けていたが……。
でもほんと、昨日の昼くらいまではもそもそ動いてたんだって。でも私が岐阜に着くのには間に合わなかった。
まあ、逆に、私にとってはいいタイミングだったなーと思ったけど。
待っとってくれたんやねえ。仏さんにも対面できたよ。
目ーが開いとって、でも死んでた。微動だにしない。がりがり。
今日、医者に行くついでに、お母ちゃんが上加納の焼き場に連れて行って焼いてもらった。人間の火葬場とおんなじとこなんだって。だから私にとってはおなじみの火葬場(今回は行けなかったけど)。
他のペットと一緒だったから骨とかは残らなかったんだけど、まあしゃーない。

このブログに載せたことあったかな? と思って過去ログを探してみたが、どうやら載せていなかったようなので。
奴の近影でも。
2007年12月その12007年12月その1
ちょうど5年前の様子。5年前ってことは2回目の卒論提出直前やな。
この当時11歳、で今16歳。医者に聞いたらそれはもう100歳超えてると言われた。大往生ですがな。
いつの間にかおばあちゃんの年齢まで超していたのね……。(おばあちゃんはもうすぐ80)


私は祖父母同居だからか、今までに身近な人の葬式に4回も遭遇したことがある。
これは、普通の人よりも割と多いんじゃないかなあ。
毎回毎回、お通夜があって、お葬式(父方と母方で宗派は違うけど)では最後に棺桶の中にお花を入れて。3回は葬儀場じゃなくおうちでお葬式やったのう。(1回は急だったから葬儀場)
だから、死ぬってことに対しては非常に親しみを感じる。
昔からこのブログに書いていたけど、自分が死ぬことはさして怖くないし、家族や回りの人間が死ぬのも、悲しいけど受け入れる素地がある。
犬どころか、おばあちゃん、お父ちゃんお母ちゃんですら、実家に帰るたびに「もうこれで会うの最後かもしれんなあ」と思って接してきた・いる。
犬が死んでもブログ書く余裕があるわけだし。
まあ、福本漫画の影響も大きいかもね。


そういえば、今気付いたけど、今度書く(提出で少し書いた)合唱曲のテーマにも通じてるなあ。
春夏秋冬なんだけどさ。
春や夏は、やがて過ぎていくその季節を儚み、思いを致す。
秋や冬は、寒くて大変な時期だけどいつか春が来る、と耐える。
人生(犬だけど)も一緒で、赤ちゃんが産まれたり、新しく犬を飼うのであれば、いつか必ずその子は死ぬ。自分より先に死ぬか後に死ぬかは別として。
でも死んだなら、やがてどこかで生まれ変わることを信じて耐える。
あれだ、昼夜と一緒だな。うん。
それにつけても、このテーマを言葉で説明するのが難しいったらありゃしない。
じゃあ音楽なら簡単に説明できるかというと、まあそうでもないんだろうけどさ。


死ぬことについて考えているとき程、心が落ち着く時間はないな。

奴は元気にしてるかねえ。
スポンサーサイト

テーマ : 雑記
ジャンル : 日記

tag : 宗教 作曲 合唱

2012-11-10 : 由無事 : コメント : 4 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

ご冥福をお祈りしています

うちの犬もそろそろいい歳なので
僕も実家を出る時は
心を込めて挨拶してます

大切な命を失うことは、いつかは経験することで
覚悟もしているはずですが、
それでもやっぱり辛くて考えたくないです。
でもいつかその時がきたら
全力で悲しんで、
全力で感謝できるように、
もっと自分も強くならなきゃと思っています。
2012-11-11 19:13 : もったん URL : 編集
そうやね。
全力で悲しむことは、ほんとに供養になるよ。
死んだ魂も、自分がどれだけ周りに愛されていたか、ってのを知ると、すごく嬉しいだろうからね。
そして、死んだ子の分まで私が生きるぞ!! って思いたい。
2012-11-16 07:55 : まつい URL : 編集
No title
合掌
2012-11-24 01:44 : ケニチ URL : 編集
手合わせてくれてありがとのう(´ω`)
2012-11-29 20:14 : まつい URL : 編集
Pagetop
« next  ホーム  prev »

スペック

まつい

Author:まつい

フリーで作曲・指揮をしております。
ベルソンピアノコンクール演奏会編曲家
 >>facebook

□■ 初演・再演情報 ■□
 16/01/15new
□■演奏会情報■□
 16/04/01new
□■ お仕事募集中!■□
□■ 教えられます ■□


↓むかし↓
愛知県立芸術大学音楽学部音楽科作曲専攻卒業
四日市市民オペラ「椿姫」副指揮者
三河市民オペラ「トゥーランドット」副指揮者
オペラ工房元副指揮者
名古屋音楽学校作曲科元受講生
混声合唱団名古屋大学コール・グランツェ28期OV
(名古屋大学文学部人文学科日本史学専攻近世史研究室卒業)
長良高校コーラス部平成14年度卒業生

カウンタ

since 2009/01/01

ブログランキング

こいつ、できる…! と思われた方、↑クリックよろしくお願いします。

タグクラウドとサーチ

> tags
ベートーヴェン オーケストラ コンクール 編曲 合唱 クラリネット アニメ 作曲 宗教 ミュージカル ネタ 弦楽器 指揮 ジャズ 演奏会 オペラ 初演 おんがく・むじか 病気・健康 旅行 俳句 短歌・俳句 カラヤン ビゼー プッチーニ 声楽 歌曲 フーガ 仕事 ソルフェージュ 対位法 和声 楽典 木管楽器 写真 金管楽器 電子音楽 ToDo 自作品 近藤先生レッスン 漫画 現代音楽 青少年音楽入門 バーンスタイン 絶対音楽 料理 日本音楽 管楽器 洋楽 自作作品 副指揮 レシピ 日本史 政治経済 ストコフスキー 音源 バッハ オーケストレーション 買い物 楽譜 オケストレーション ヒナステラ EL&P 世界史 尺八 吹奏楽 ポルナレフ 木下牧子 チンクエッティ クイーン フーファイターズ レッドホットチリペッパーズ レディオヘッド 音楽学 音楽史 ドイツ語 パナムジカ メンデルスゾーン サックス シュワントナー ディーリアス 岐阜 ホヴァネス ピアノ オッフェンバック ブルックナー ラフマニノフ バルトーク ラッヘンマン 作品 オーディオ 弦楽四重奏 教職 ラヴェル 譜面 ブルッフ シベリウス パガニーニ サン・サーンス チャイコフスキー ヴァイオリン協奏曲 教育 アンダーソン デザイン 日本語 ガーシュイン ブーレーズ 打楽器 日本音楽コンクール イベール 外国語 ドヴォルザーク 指導法

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。