第44回作曲作品演奏会アルテ・コンボを迎えて & ポケコンブラック

遅くなってしまったけど2つの演奏会について1つの記事にまとめようと感じたのである。


アルテコンボ。
2年の3人の作品を聴きに行こう! と思ったら、先輩方の作品も演奏されたのでした。
もったんのとあまねさんのはリハで聴いたけど、他の方々のは初!(けにちゃんのは厳密には初ではない部分もあったが)
ああ、みんなこういう曲を書くんだ……ってわかって面白かった。
しかし、一番よかったのはやっぱり久留先生の曲。
ああこういう方向を私も目指したい!! ってすごく思った。
(まあ木管五重奏ではなかったけど)
西洋音楽と日本との関わり、もっといっぱい考えたりしていきたいな。
あ、でも久留先生の曲は日本というよりは東洋だったけどね。


ポケコンブラック。
これも、みんなのいろんな曲を聴けてよかった!
そして思ったのはやはり、日本語を曲にするということである。
私、前、今歌っている歌の歌詩と曲が結びつかないって書いたことがある。あ、書いたんだっけ? 誰かに相談しただけだったかな?
結局、要するに私にとって、メロディックな曲がついてしまうと歌詩の意味が抜けてしまうのだよね。
歌ってても、曲が優先されてしまうというか。歌詩の意味が入ってこない。
しかし、こんかいの演奏会の日本語曲を聴いて、なんか解決方法が見つかりそうな気がしてきた。
まあ、単純に曲がつかめなくて言葉を聞くしかないってことなのかもしれないが……
そしてこういう話、歌曲についての話、誰にどう相談すればいいのかわからない。
どうすればいいのだろう。

ところで昨日の帰り、構内で河辺先生にお会いしました!
そして、名前を売ってしまいました。「合唱曲是非書いてね」って言われてしまいました。
きゃあー。私昔彼の指揮のファンだったからちょっとどきどきやわ。
最初「河辺先生?」って呼びかけたとき、当然向こうは私のことを知らないのできょとーんってされちゃったけど、勇気出して話しかけてよかったっす!!
どうやら彼はバッハ研究会に参加しておられるよう。
いいなあ、私もバッハ入りたいなあ。と思ったけど電研も入りたいしなあ……。


そういえば……。
日本語を曲にするとき、考えた方がいいことに、口語と文語ってのがある。
まあもっとも、短歌は文語で詠むし、英語でも文語が歌になっとるけどね。
私はできれば戦前の詩がいいなと思っているので、その辺りをどうするかちょっと考えた方がいいかなと思った。
文語を口で歌うことに意味は本当にあるのか?


今日はショックなこともあったけど、コメダでまったりしたし、差し引き0だったかなと最終的には思った。
明日は芸オペの合わせ大会です。なんと吉住先生もいらっしゃいます。
お風呂入ったら譜読みしようね。
スポンサーサイト

テーマ : 作曲
ジャンル : 音楽

tag : 木管楽器 ピアノ 日本音楽 日本語 初演 演奏会

2011-07-14 : 県芸 : コメント : 2 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

初コメント?
ポケコンおつかれさまでした!わいわい!
当たり前のことやけど、平安ごろの文学と江戸~明治あたりの文学とは、見た目は一緒でも前者のみが言文一致体なのである(文語はむかしの口語である)という話で、私はとりあえず上代や平安のものについてはひらきなおっています。当時まで戻ったつもりになる(?)といふのか。発音の変遷でちょっと悩んでいることはあるけどね。でも結局は自分が知ってる言葉への愛だけで書いちゃってるかもしれないなあ。どひー
東洋人が西洋の歌曲をやることへの疑問と、現代人が古語の歌曲をやることへの疑問って、案外同じものかもしれないなあとおもったりしますた(私のなかでは)。感想感想。
2011-07-14 22:03 : あやねちゃんですよ URL : 編集
あやねちゃんやあああ
さすがあやねちゃん……すっげーしっくり納得した。
そうだね、あと発音も考えちゃうよねー。難しい。
コメントありがとね^ω^
2011-07-17 02:40 : まつい URL : 編集
Pagetop
« next  ホーム  prev »

スペック

まつい

Author:まつい

フリーで作曲・指揮をしております。
ベルソンピアノコンクール演奏会編曲家
 >>facebook

□■ 初演・再演情報 ■□
 16/01/15new
□■演奏会情報■□
 16/04/01new
□■ お仕事募集中!■□
□■ 教えられます ■□


↓むかし↓
愛知県立芸術大学音楽学部音楽科作曲専攻卒業
四日市市民オペラ「椿姫」副指揮者
三河市民オペラ「トゥーランドット」副指揮者
オペラ工房元副指揮者
名古屋音楽学校作曲科元受講生
混声合唱団名古屋大学コール・グランツェ28期OV
(名古屋大学文学部人文学科日本史学専攻近世史研究室卒業)
長良高校コーラス部平成14年度卒業生

カウンタ

since 2009/01/01

ブログランキング

こいつ、できる…! と思われた方、↑クリックよろしくお願いします。

タグクラウドとサーチ

> tags
編曲 ベートーヴェン コンクール オーケストラ 合唱 クラリネット アニメ 作曲 宗教 ミュージカル ネタ 弦楽器 指揮 ジャズ 演奏会 オペラ 初演 おんがく・むじか 病気・健康 旅行 俳句 短歌・俳句 カラヤン ビゼー プッチーニ 声楽 歌曲 フーガ 仕事 ソルフェージュ 対位法 和声 楽典 木管楽器 写真 金管楽器 電子音楽 ToDo 自作品 近藤先生レッスン 漫画 現代音楽 青少年音楽入門 バーンスタイン 絶対音楽 料理 日本音楽 管楽器 洋楽 自作作品 副指揮 レシピ 日本史 政治経済 ストコフスキー 音源 バッハ オーケストレーション 買い物 楽譜 オケストレーション ヒナステラ EL&P 世界史 尺八 吹奏楽 ポルナレフ 木下牧子 チンクエッティ クイーン フーファイターズ レッドホットチリペッパーズ レディオヘッド 音楽学 音楽史 ドイツ語 パナムジカ メンデルスゾーン サックス シュワントナー ディーリアス 岐阜 ホヴァネス ピアノ オッフェンバック ブルックナー ラフマニノフ バルトーク ラッヘンマン 作品 オーディオ 弦楽四重奏 教職 ラヴェル 譜面 ブルッフ シベリウス パガニーニ サン・サーンス チャイコフスキー ヴァイオリン協奏曲 教育 アンダーソン デザイン 日本語 ガーシュイン ブーレーズ 打楽器 日本音楽コンクール イベール 外国語 ドヴォルザーク 指導法

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QRコード