スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

休み

休みがない、ってのは私の昔からの課題であります。

曲の話ね。
歌や楽器なら適当なところでブレスすればいい、ピアノなら休みはいらない、って思ってしまう。
実際はそんなことなくて、休みは適度にないと奏者が大変なだけでなく、曲ものんべんだらりになってしまう。
なんというか、音符が多いらしい。私。

久々に学校行って(別に久々ではないのですが木曜日は久々に行った)、5限は12音シリーズでした。
1オクターブにある12音を全て平等に扱うというシリーズ。調性しか書けない私には刺激が強く、でも無調を書くための重要な指標になるお勉強。(普通はセリーって言うらしい。フラ語?)
というわけで、少し調べてみた。(ウィキペディアだけど)あ、やっぱシェーンベルクのあれか! 今日先生に聞きそびれたのだよね。
作曲方法は上記のページをご覧いただいた方がいいかと思います。五線譜がないと説明しづらい。
面白いなあ。面白いけど素手で作曲すると時間かかるかもね……そうでもないか?
うーん、ページを読めば読むほど、感覚ではなく考え方というか、概念で音楽を捉えるという技法のような気がしてくる。まあ、それはそれでより芸術的なんだけど、なんというか宗教的というか。嫌いじゃないけど、とりあえずまだ慣れない。
とりあえず、上記の作曲家の音源をyoutubeで聴いてみたいと思います。現代って便利になったものね。でもほんとはCDほしい派。

……でも音楽と数学を同質のものと考えた古代に、より近づいていっている感はあるね。
音楽って、何? なぜ世の中に必要なの? という問いが、現実味を帯びてくる。
音楽って本当に世の中に必要なんだろうか。世の中における音楽の位置づけを考えねばなるまい。


そういえば、吉住先生が、「日本人はみんな同じと考えるけど、海外の人々はみんな違うことを前提として考えている。その方が共通点を見つけたとき幸せになれない?」と言っていたけど、私はあんまりそうは思わない。「うわ、このばらっばらな連中をまとめ上げなきゃいけないのか……」と思うと絶望すら覚える。これが日本人の感覚なのか?


カデンツ属9
E-F-F-E-D-H-C
G-A-A-G-F-D-E
C-C-H-C-A-G-G
C-F-G-C-D-G-C
最後が属7にならないのが気持ち悪い……6音目でバスが下に行けばできるのか。うーむ。

カデンツドッペル
C-C-C - H-C
E-F-D - D-E
G-A-A - G-G
C-F-Fis-G-C
バスの練習にしかならんな。

カデンツ減7
C-H-C-C - C-H-C
G-F-E-A - G-F-E
E-D-C-Es- E-D-C
C-G-A-Fis-G-G-C
テノール……。頑張れ!(でもテノールって経験上音が取れない人が多いから不安)
まあ重要なことは和声を感じることである!!!

カデンツ転調
C-D-G-Fis-E-D-Cis D-D-E-F-E-D-C
G-G-G-A - G-G-E  A-G-B-A-G-F-E
E-H-C-H - H-B-A  A-B-C-C-C-H-C
C-F-E-Dis-E-G-A  F-G-G-F-G-G-C
テノールとアルトの跳躍が少し難しいかも。

更に超高度な転位・偶成和音入りのカデンツはまた今度。
これはいきなりは歌えないはずだ。うん。(ていうか今作ってて失敗した)
スポンサーサイト

テーマ : 作曲
ジャンル : 音楽

tag : 作曲 十二音技法 新ウィーン楽派 ネタ 合唱練習プログラムメモ

2010-11-25 : ?→! : コメント : 2 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

ずっとコメントしようと思ってメモ帳にメモしたまんま放置してました(´Д`;)。

>12音
ベルクのヴァイオリン協奏曲とかどうでしょう。
1st.mov. http://youtu.be/AK5EMB1r9b0
2nd.mov. http://youtu.be/buLUOvJr520
これ、素材に選んだ音列が巧妙なのもあるんですけど、それにしたって12音をもとにこんなサウンドを組み立てるってまじ変態としか(ry
2010-12-03 07:52 : EL URL : 編集
Re: タイトルなし
おお……これが実践的十二音技法ですか。
音感があんまりないので、もとになった音列がどんなのなのかはわかりませんが(ちゃんと頑張ればわかるのだろうか?でもそのまま使われているとは限らないしなあ)、こんな風に音楽になるのですね!
なんというか、印象派の無調とは全く質の違う、なんか感じる無調じゃない概念的な無調のような気がしています。でもなんか引き込まれる……不思議。
(無調って印象派以外にも使ってたのかな。後期ロマン派とか。)
2010-12-05 01:28 : まつい URL : 編集
Pagetop
« next  ホーム  prev »

スペック

まつい

Author:まつい

フリーで作曲・指揮をしております。
ベルソンピアノコンクール演奏会編曲家
 >>facebook

□■ 初演・再演情報 ■□
 16/01/15new
□■演奏会情報■□
 16/04/01new
□■ お仕事募集中!■□
□■ 教えられます ■□


↓むかし↓
愛知県立芸術大学音楽学部音楽科作曲専攻卒業
四日市市民オペラ「椿姫」副指揮者
三河市民オペラ「トゥーランドット」副指揮者
オペラ工房元副指揮者
名古屋音楽学校作曲科元受講生
混声合唱団名古屋大学コール・グランツェ28期OV
(名古屋大学文学部人文学科日本史学専攻近世史研究室卒業)
長良高校コーラス部平成14年度卒業生

カウンタ

since 2009/01/01

ブログランキング

こいつ、できる…! と思われた方、↑クリックよろしくお願いします。

タグクラウドとサーチ

> tags
ベートーヴェン オーケストラ コンクール 編曲 合唱 クラリネット アニメ 作曲 宗教 ミュージカル ネタ 弦楽器 指揮 ジャズ 演奏会 オペラ 初演 おんがく・むじか 病気・健康 旅行 俳句 短歌・俳句 カラヤン ビゼー プッチーニ 声楽 歌曲 フーガ 仕事 ソルフェージュ 対位法 和声 楽典 木管楽器 写真 金管楽器 電子音楽 ToDo 自作品 近藤先生レッスン 漫画 現代音楽 青少年音楽入門 バーンスタイン 絶対音楽 料理 日本音楽 管楽器 洋楽 自作作品 副指揮 レシピ 日本史 政治経済 ストコフスキー 音源 バッハ オーケストレーション 買い物 楽譜 オケストレーション ヒナステラ EL&P 世界史 尺八 吹奏楽 ポルナレフ 木下牧子 チンクエッティ クイーン フーファイターズ レッドホットチリペッパーズ レディオヘッド 音楽学 音楽史 ドイツ語 パナムジカ メンデルスゾーン サックス シュワントナー ディーリアス 岐阜 ホヴァネス ピアノ オッフェンバック ブルックナー ラフマニノフ バルトーク ラッヘンマン 作品 オーディオ 弦楽四重奏 教職 ラヴェル 譜面 ブルッフ シベリウス パガニーニ サン・サーンス チャイコフスキー ヴァイオリン協奏曲 教育 アンダーソン デザイン 日本語 ガーシュイン ブーレーズ 打楽器 日本音楽コンクール イベール 外国語 ドヴォルザーク 指導法

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。