もうすぐ芸祭です。

愛知県立芸術大学の芸術祭(正式名称しらん)が29?31日に行われます。
名大の頃は全然行かなかったけど今回はかなり楽しみ! お餅のお店の前売り券買っちゃった。
芸オペ辞めたにもかかわらずほかのことでてんてこ舞い(?)ですが、楽しいです。


1.作楽
30日(土)14:00開演・大合奏室にて、作曲科1,2年生の作品発表会があります。
わしは何とトリ。しかも指揮することになってしもうた。トロンボーンと混声アンサンブルの曲です。
歌の子たちがすごく頑張ってくれてるの!! ていうかわし指揮練せにゃ。へっぽこすぎるでよ。

2.芸オペ
やめちゃったけど見に行きますよ! とっても楽しみ。
29日(金)12:30開演・奏楽堂にて。
演目は「Help, help, the Globolinks!」。メノッティという現代オペラ作家が書いたのよ。

3.曲作
29?31日、ぶっ通しで、作曲科がイタリアンレストランをやります。場所は池の前。
料理がうまいシェフがピザやパスタやチュロスを作ってくれるよ!
しかも31日お昼の時間帯は私が店長だよ! そこが初シフトだから前日までに行って仕事のおおよそを見なきゃなあ。レジやったことないなあ。


さて、今日も今日とてMissa minimaの練習でした。
お忙しい中朝早くから来てくださりありがたい。芸オペの面々は特に。
今日は久田さんが来ました。わたしの練習はぐだぐだだったけど久田さんがぴっしり締めてくれたよ。

今日感じたのは、私には本気度が足りない、足りなかった、ということ。
「歌科の子は合唱あまり知らないし、まあこのくらいしか無理だよね」という思いがあったということ。
妥協というか。
多分それは、今回の曲に目的というか、コンセプトというか、「この人のために!」「この出来事のために!」という意味みたいなものが無かったことにも起因している。
だからかなりなあなあに思っていた。ま、これでいいか、みたいな。

でも久田さんが来てくれて状況が変わった。彼はすごく本気だった。
音もかなり適当だったのを(相手がアンサンブルで個人だから強く言えなかったってのもあるんだけどね(´ω`;)気が弱いものだ……)、はっきりと指摘してくれた。
これじゃだめ! もっとよくする術はある! よくするために残りの時間をちゃんと使うべき!
といった気概を感じて、あー自分はだめだったな、芸祭をただのお祭りと捉えていたな、と気付いた。

全ての曲・舞台には意味があるし、あるべきだと思う。
「自分にとって」何なのか、と、「世の中にとって」何なのか、という両方。
やっぱ、そこを忘れちゃいかんね。真面目であらねば、だめじゃ。そして多分真面目であらねば私の良さも失われてしまうだろう。
その曲の意味、舞台の意味を、お客さんに伝える! 見せつける! 感嘆せしめる! だから妥協しない。それを忘れない。
まあ、今からできることは、指揮練だけだけどね。でも見やすい指揮を目指しますよ。


こないだ先生と、昔私が飲食のバイトをしていた話をした。それにも通じているかも知れない。
2年生の時に鰻屋、4年生の時にパスタ屋でバイトをしたんだけど、どっちもうまくいかなかった。なんか、すごくきつく感じたし、動きもとろくてよく怒られたのね。
そしたら、そのお店のよさを感じ、お客さんに満足してもらうために働くべき、という認識を示された。
なるほどなーと思った。当時の私はお金ほしいばっかりだったから、そういう考えは全くなかった。
でも、今から考えてみると、前の会社も「うちで取り扱ってる品物がとっても可愛いから、売りたい! お客さんに『うちの商品こんなにすげーんだぜ!』って自慢したい!」という気持ちがあったから、うまくいったのかもしれないなあと思う。そう考えると、バイトや仕事がうまくいくかいかないかって、飲食や事務うんぬんじゃなくて、心構えの違いなのかも。

いずれにせよ、今日得たことを糧に、明日からも頑張ります。
ここにメモったからもう忘れないしね! 多分。
スポンサーサイト

テーマ : 合唱あれこれ
ジャンル : 学問・文化・芸術

tag : 作曲 合唱 仕事 指揮 初演

2010-10-27 : 県芸 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

スペック

まつい

Author:まつい

フリーで作曲・指揮をしております。
ベルソンピアノコンクール演奏会編曲家
 >>facebook

□■ 初演・再演情報 ■□
 16/01/15new
□■演奏会情報■□
 16/04/01new
□■ お仕事募集中!■□
□■ 教えられます ■□


↓むかし↓
愛知県立芸術大学音楽学部音楽科作曲専攻卒業
四日市市民オペラ「椿姫」副指揮者
三河市民オペラ「トゥーランドット」副指揮者
オペラ工房元副指揮者
名古屋音楽学校作曲科元受講生
混声合唱団名古屋大学コール・グランツェ28期OV
(名古屋大学文学部人文学科日本史学専攻近世史研究室卒業)
長良高校コーラス部平成14年度卒業生

カウンタ

since 2009/01/01

ブログランキング

こいつ、できる…! と思われた方、↑クリックよろしくお願いします。

タグクラウドとサーチ

> tags
レシピ 料理 編曲 ベートーヴェン コンクール オーケストラ 合唱 クラリネット アニメ 作曲 宗教 ミュージカル ネタ 弦楽器 指揮 ジャズ 演奏会 オペラ 初演 おんがく・むじか 病気・健康 旅行 俳句 短歌・俳句 プッチーニ ビゼー カラヤン 声楽 歌曲 仕事 楽典 対位法 和声 ソルフェージュ フーガ 写真 木管楽器 金管楽器 電子音楽 ToDo 自作品 近藤先生レッスン 漫画 現代音楽 バーンスタイン 青少年音楽入門 絶対音楽 日本音楽 洋楽 管楽器 自作作品 副指揮 政治経済 日本史 音源 オーケストレーション ストコフスキー バッハ 楽譜 買い物 オケストレーション EL&P ヒナステラ 世界史 尺八 木下牧子 ポルナレフ チンクエッティ 吹奏楽 レディオヘッド レッドホットチリペッパーズ クイーン フーファイターズ 音楽学 音楽史 ドイツ語 パナムジカ メンデルスゾーン サックス シュワントナー ディーリアス 岐阜 ホヴァネス ピアノ オッフェンバック ブルックナー ラフマニノフ バルトーク ラッヘンマン 作品 オーディオ 弦楽四重奏 教職 ラヴェル 譜面 ブルッフ シベリウス パガニーニ サン・サーンス チャイコフスキー ヴァイオリン協奏曲 教育 アンダーソン デザイン 日本語 ガーシュイン ブーレーズ 打楽器 日本音楽コンクール イベール 外国語 ドヴォルザーク 指導法

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QRコード