入学式でした。

そうか今日コスプレパーティーだったのか、、、あーあ、行きたかったなあ。
よさのんの報を聞いてからまた心が揺れ動いたけれども、しかし私の意志は変わらない。変えることをしない。
そして、こういう時にこそ「信じる」という言葉を使うしかないのだとわかった。自分の努力ではなんともならないことを見守るとき、自分の選択が正しい選択であることを信じるよりほかない。神頼みってやつだ。もし自分の努力で自分の思い通りにしようと思ったら、私の作曲家としての人生が危ぶまれてしまう……それはちょっと避けたいから。畜生、信じるって言葉嫌いだったのに。

(ただ、大切なのは誰かを倒すことではなく、倒した後どう立て直すか、なのだよね。)


それはそれとして入学式でした。
オルガンに足鍵盤があるって知らなかった恥ずかしいわたち、、、
おろしたてのワンピを着たら太腿の辺りがきつかった恥ずかしいわたち、、、
あとはそんなに恥ずかしくなかった。
むしろ、学長の話を聞いて、芸術と世間・日本との関わりが見えてきたような気がした。
その更に先、音楽と日本との関わりはまだなんですけど……数学が関わってくるのは確か。

その後新歓コンパでした。歓迎会というか。
つくづくグランツェの飲み会は大人しかったなあと感じる。
なんというか、飲み会の度にあんなに騒いで疲れないんだろうか、と思った。それがね、若いからってだけじゃなくて、先生ものりのりだったわけで……これが芸術系なのか? でも一気はありませんでした。健全。

クラス分け、私は現代音楽系の先生に配属されました。オーケストレーションがお得意なのだそう。かつ和声にも明るいのだとか。なんか、私にぴったりだなあ。歌じゃないという点を除けば。
でも日本史の頃の先生が厳しかった分、今回は優しそうで、だらけちゃわないか不安であります、、、。


不安は大きいです。
二足も三足も草鞋を履くなんて到底無理なのではないかと思える。
でも、どうにか必死で頑張るしかない。
そうそう、「3月4月は積極的に」って言われたことだし。
あれだね、今はまず、一日8時間音楽に触れて生活できることを楽しもうと思った。
スポンサーサイト

テーマ : 作曲
ジャンル : 音楽

tag : 政治経済

2010-04-04 : 県芸 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

スペック

まつい

Author:まつい

フリーで作曲・指揮をしております。
ベルソンピアノコンクール演奏会編曲家
 >>facebook

□■ 初演・再演情報 ■□
 16/01/15new
□■演奏会情報■□
 16/04/01new
□■ お仕事募集中!■□
□■ 教えられます ■□


↓むかし↓
愛知県立芸術大学音楽学部音楽科作曲専攻卒業
四日市市民オペラ「椿姫」副指揮者
三河市民オペラ「トゥーランドット」副指揮者
オペラ工房元副指揮者
名古屋音楽学校作曲科元受講生
混声合唱団名古屋大学コール・グランツェ28期OV
(名古屋大学文学部人文学科日本史学専攻近世史研究室卒業)
長良高校コーラス部平成14年度卒業生

カウンタ

since 2009/01/01

ブログランキング

こいつ、できる…! と思われた方、↑クリックよろしくお願いします。

タグクラウドとサーチ

> tags
ベートーヴェン オーケストラ コンクール 編曲 合唱 クラリネット アニメ 作曲 宗教 ミュージカル ネタ 弦楽器 指揮 ジャズ 演奏会 オペラ 初演 おんがく・むじか 病気・健康 旅行 俳句 短歌・俳句 カラヤン ビゼー プッチーニ 声楽 歌曲 フーガ 仕事 ソルフェージュ 対位法 和声 楽典 木管楽器 写真 金管楽器 電子音楽 ToDo 自作品 近藤先生レッスン 漫画 現代音楽 青少年音楽入門 バーンスタイン 絶対音楽 料理 日本音楽 管楽器 洋楽 自作作品 副指揮 レシピ 日本史 政治経済 ストコフスキー 音源 バッハ オーケストレーション 買い物 楽譜 オケストレーション ヒナステラ EL&P 世界史 尺八 吹奏楽 ポルナレフ 木下牧子 チンクエッティ クイーン フーファイターズ レッドホットチリペッパーズ レディオヘッド 音楽学 音楽史 ドイツ語 パナムジカ メンデルスゾーン サックス シュワントナー ディーリアス 岐阜 ホヴァネス ピアノ オッフェンバック ブルックナー ラフマニノフ バルトーク ラッヘンマン 作品 オーディオ 弦楽四重奏 教職 ラヴェル 譜面 ブルッフ シベリウス パガニーニ サン・サーンス チャイコフスキー ヴァイオリン協奏曲 教育 アンダーソン デザイン 日本語 ガーシュイン ブーレーズ 打楽器 日本音楽コンクール イベール 外国語 ドヴォルザーク 指導法

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QRコード