混声合唱団名古屋大学コール・グランツェ第31回定期演奏会

感想でも書こうか。
アンケートに書いたからここには大したことは書かないけど。


1st。
華やかさには欠けたが、私は華やかでないのが林の持ち味だと思った。
学生らしいフレッシュな歌声がよかった。
詩の解釈も1stにしてはよかったと思うし。
うまくしらかわを利用できてたと思う。

2st。
1stと比べると華やかであるのがクラークの持ち味というか、でもきっと彼にとっては天然なんだろうな。
信長団体、詩が入り込みやすい、曲もわかりやすくかつ新しい、こういったことが存分に活かされ、「好き」という気持ちがよく伝わってきた。
表現の幅が広かったので(音量の幅も)、そこは林も見習っていいと思う。
だんだん女声が疲れてきていたのが気になった。

3st。
アンケートに書いたが一番よくなかった。
アンケートには曲が微妙と書いたが、飲みでまさやんさんと話して歌い方の問題かとも思い直した。
クラークは外国語は好きみたいだが、それがMissaである必要はないみたい。
指揮、発音、発声、その他諸々、全て日本語ステージと同じノリ。
外国語曲をやる意味から、もう一度考え直した方がよい。

新しい合唱団は東海で外国語一番うまい団体を目指します。みんなかもん!

4st。
一番よかった(当たり前か)。
さすがけいし先生、合唱団の、合唱が好きだ! という気持ちを引き出し、同じ方向に向けるのが上手い。
それだけに、このステージが一番、気持ちだけで歌っているのがわかった。
指揮者のレベルに合唱団がついていこう、追い越そうとしている気持ちはわかったが、そこに技術のレベルが追いついていない。
もちろんけいしさん指揮だから、うまく歌えてはいたが、歌い手側に基礎的な心構えが足りないというのはよくわかった。
とはいえ、とてもよかったので、学生合唱団としてもしこれ以上を目指すのであれば、けいしさんの指揮・練習は基礎に裏打ちされているものだということをもっと認識した方がいい。
新入生に至るまで、少しずつでいいから、音楽の初歩を勉強すべき。

アンコール。
1曲目は知っている曲だっただけに粗がよく見えたが、まあアンコールだし大目に見ましょう。
2曲目は曲の良さをうまく引き出せていたように思う。歌詩載ってなかったから歌詩についてはノータッチ。

ロビーコール。
新入生かわええ。来年の指揮者もなかなかよい。指揮に歌がよく付いて行っていた。
しかし新入生に6/8を振らせるのはどうかと思う。難しかっただろうに。


総じてよい演奏会でした。
課題は外国語曲ですが、林なら地道にやってくれるだろう。
スポンサーサイト

テーマ : 合唱あれこれ
ジャンル : 学問・文化・芸術

tag : 合唱

2009-01-18 : グランツェ : コメント : 2 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

長くなっちゃいました…。
演奏会にご来場いただき誠にありがとうございました。

華やかさがない…ですか。
それはそうなのかもしれませんが「華やかさがないのが林」というのはどうなんでしょう…。つまんないということですか?平坦?指揮?

何が足らんのでしょうか?
嫌だったら自分で華やかになるように曲作りすればいいっちゅう話でしょうか。
作曲家の津田元先生にも練習に来ていただいたりしたんですが、本人も「よくぞこんな地味な曲を」とおっしゃっていました。

曲のせい、というわけではないですが、どうなんでしょうね。
指揮者はその曲の味が「地味である」ことだと判断したらそれを生かすように曲作りをするべきなのか、自分で「華やか」になるように味付けをするべきなのか。。。
私が言う曲の持ち味、というのも、指揮者による主観なわけですが、これはできるだけ多くの歌い手と話し合っていくことが自分には必要だと思われました。

何はともあれ演奏会に来ていただき、また丁寧にアドバイスもしていただき本当にありがとうございました。
2009-01-22 15:05 : 林 URL : 編集
よう
ようこそ僻地へ。

>つまんないということですか?平坦?指揮?
それは悪く言うと、だね。
よく言うと、シンプル、まとまりがある、シック、味わいがある、そんな感じ。
私は華やかさがないってことを決してマイナスの意味で言っているわけではないよ。
ただ、一つの現象を、よく感じるか悪く感じるか、の違いでしかない。
華やかって言葉だって、悪く言うと派手、ってことになるからね。

本人に言っちゃっていいのかわからんけど、君は努力でカバーするタイプなんだろうね。
だから、できてくる音楽も、地道、愚直、畑でとれるジャガイモ、そんな感じがする。
27代の吉田によく似てるよ。
それは君の持ち味であり、よい部分なのだと私は思う。

無理に華やかにしようとする必要はないよ。
無理に作り出した華やかさは、不自然な華やかさになる。
それでもどうしても、この曲は華やかに演奏したい、という曲に出会ったなら、自分にあった華やかさの演出を考えるといい。演出というか……

たとえば、青、って一言で言っても、いろんな青があるでしょ。
だったり
だったり、
ひねくれ者だったらこれだって青だと言い張るだろうね。
どれも間違いではない。
これらのなかから、自分に一番ふさわしい、自然な、似合う、あとやりやすい青を選べばいい。

(ほんとは、正指揮なら自分にふさわしいだけではなくグランツェのみんなにふさわしいってことも考えた方がいいけど、来年のグランツェのオーラは新入生が入って長老が出ていかないことには定まらないから、今はまだいいや)
2009-01-22 18:44 : まつい URL : 編集
Pagetop
« next  ホーム  prev »

スペック

まつい

Author:まつい

フリーで作曲・指揮をしております。
ベルソンピアノコンクール演奏会編曲家
 >>facebook

□■ 初演・再演情報 ■□
 16/01/15new
□■演奏会情報■□
 16/04/01new
□■ お仕事募集中!■□
□■ 教えられます ■□


↓むかし↓
愛知県立芸術大学音楽学部音楽科作曲専攻卒業
四日市市民オペラ「椿姫」副指揮者
三河市民オペラ「トゥーランドット」副指揮者
オペラ工房元副指揮者
名古屋音楽学校作曲科元受講生
混声合唱団名古屋大学コール・グランツェ28期OV
(名古屋大学文学部人文学科日本史学専攻近世史研究室卒業)
長良高校コーラス部平成14年度卒業生

カウンタ

since 2009/01/01

ブログランキング

こいつ、できる…! と思われた方、↑クリックよろしくお願いします。

タグクラウドとサーチ

> tags
編曲 ベートーヴェン コンクール オーケストラ 合唱 クラリネット アニメ 作曲 宗教 ミュージカル ネタ 弦楽器 指揮 ジャズ 演奏会 オペラ 初演 おんがく・むじか 病気・健康 旅行 俳句 短歌・俳句 カラヤン ビゼー プッチーニ 声楽 歌曲 フーガ 仕事 ソルフェージュ 対位法 和声 楽典 木管楽器 写真 金管楽器 電子音楽 ToDo 自作品 近藤先生レッスン 漫画 現代音楽 青少年音楽入門 バーンスタイン 絶対音楽 料理 日本音楽 管楽器 洋楽 自作作品 副指揮 レシピ 日本史 政治経済 ストコフスキー 音源 バッハ オーケストレーション 買い物 楽譜 オケストレーション ヒナステラ EL&P 世界史 尺八 吹奏楽 ポルナレフ 木下牧子 チンクエッティ クイーン フーファイターズ レッドホットチリペッパーズ レディオヘッド 音楽学 音楽史 ドイツ語 パナムジカ メンデルスゾーン サックス シュワントナー ディーリアス 岐阜 ホヴァネス ピアノ オッフェンバック ブルックナー ラフマニノフ バルトーク ラッヘンマン 作品 オーディオ 弦楽四重奏 教職 ラヴェル 譜面 ブルッフ シベリウス パガニーニ サン・サーンス チャイコフスキー ヴァイオリン協奏曲 教育 アンダーソン デザイン 日本語 ガーシュイン ブーレーズ 打楽器 日本音楽コンクール イベール 外国語 ドヴォルザーク 指導法

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QRコード