会社より

えらく久々となりました。まついです。
今日はふい関連です。

ふいとLEAを合体させて、混声でステージをやってみよう、という話が浮かんできました。
男が当然足りないので、どこかから調達して。合唱連盟とか、OVとかから。
次かその次の演奏会は東京でいいホール見つけたからそこでやりたいね、と先生が言っていたのもあるし、最近のふいはなかなかアグレッシブですな。
今、先生の中では少人数アンサンブルへのこだわりは少ないようです。
何より、人数が多いほうが「楽」確かに。
少人数で磨いた一人一人の歌う技術を、大人数での合唱で昇華させる、というラインは、確かにこの上なく理想的ですね。
アンサンブル(重唱)だと歌う曲が限られる。といって最初から合唱だと個々のレベルが低いまま。
だから、合唱という状態は常に保つべきではないな、と思った。普段アンサンブルでたまに合唱やるからレベルが維持できるのだ、と。


そんなふい(てか先生)を尻目に、私は最近合唱・声楽アンサンブル・歌曲など、歌に関することへの興味が薄れてきました。
これは明らかに本業に引っ張られてのことだろうね。
ふい自体は魅力的で毎週行くけど、私の合唱への興味はふいだけで十分カバーできてしまうというか。
本業に引っ張られる、というのが、精神的・身体的余裕の無さ、というのもありますが、それだけではなく、器楽曲(今はピアノ)を通常とする精神状態になっている、させられている、からというのもありそう。
歌であることに、歌詞がついていることにどれほどの意味があるのか? 意味がありすぎて、なんだかださいというか、もっと音楽、曲で語るべきなんじゃないの? と思うわけ。
そう考えているわけじゃなくて、そう感じられるだけなんですけどね。

それと、指導も最近しんどくなってきました。
指導したいけど、自分の音楽レベルがまだ低いとわかりきっているのに指導する、というのが、苦しくて苦しくて。低いレベルの音楽をわざわざ作るなんて、馬鹿みたいなのよ。
それを、今までは指導したいって気持ちだけでやってきたけど、精神的に余裕が無くなって、というか病気が悪くなってきたため、もー無理! ってなことになった。

今後、私は復活するか? それはわからない。
趣味だったことを仕事にすると決めたが、その状態における趣味ってもう無意味なんじゃないか? とも思えるし。
本業の作曲以外にも手出しできる精神状態に戻れるかもわからないし。(病気がね)
ただ、野望はある。
東海地区の合唱レベルを引き上げたい。
そのためには合唱人口が減るのもいとわない。
けいしさんの方向とは真逆ですが。
右翼と呼ばれても、それをやりたいのです。東海の未来のために。


疲れた。ご飯食べよう。
スポンサーサイト

テーマ : 合唱あれこれ
ジャンル : 学問・文化・芸術

tag : 合唱

2009-08-11 : ふい : コメント : 2 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2009-08-11 18:40 : : 編集
こんにちは。
ほぉー、プロの方までいらっしゃるのですね! それは面白そうだなあ。
ご自分の速度でやられるってのが一番ですよね(^^)
2009-08-13 09:41 : まつい URL : 編集
Pagetop
« next  ホーム  prev »

スペック

まつい

Author:まつい

フリーで作曲・指揮をしております。
ベルソンピアノコンクール演奏会編曲家
 >>facebook

□■ 初演・再演情報 ■□
 16/01/15new
□■演奏会情報■□
 16/04/01new
□■ お仕事募集中!■□
□■ 教えられます ■□


↓むかし↓
愛知県立芸術大学音楽学部音楽科作曲専攻卒業
四日市市民オペラ「椿姫」副指揮者
三河市民オペラ「トゥーランドット」副指揮者
オペラ工房元副指揮者
名古屋音楽学校作曲科元受講生
混声合唱団名古屋大学コール・グランツェ28期OV
(名古屋大学文学部人文学科日本史学専攻近世史研究室卒業)
長良高校コーラス部平成14年度卒業生

カウンタ

since 2009/01/01

ブログランキング

こいつ、できる…! と思われた方、↑クリックよろしくお願いします。

タグクラウドとサーチ

> tags
編曲 ベートーヴェン コンクール オーケストラ 合唱 クラリネット アニメ 作曲 宗教 ミュージカル ネタ 弦楽器 指揮 ジャズ 演奏会 オペラ 初演 おんがく・むじか 病気・健康 旅行 俳句 短歌・俳句 カラヤン ビゼー プッチーニ 声楽 歌曲 フーガ 仕事 ソルフェージュ 対位法 和声 楽典 木管楽器 写真 金管楽器 電子音楽 ToDo 自作品 近藤先生レッスン 漫画 現代音楽 青少年音楽入門 バーンスタイン 絶対音楽 料理 日本音楽 管楽器 洋楽 自作作品 副指揮 レシピ 日本史 政治経済 ストコフスキー 音源 バッハ オーケストレーション 買い物 楽譜 オケストレーション ヒナステラ EL&P 世界史 尺八 吹奏楽 ポルナレフ 木下牧子 チンクエッティ クイーン フーファイターズ レッドホットチリペッパーズ レディオヘッド 音楽学 音楽史 ドイツ語 パナムジカ メンデルスゾーン サックス シュワントナー ディーリアス 岐阜 ホヴァネス ピアノ オッフェンバック ブルックナー ラフマニノフ バルトーク ラッヘンマン 作品 オーディオ 弦楽四重奏 教職 ラヴェル 譜面 ブルッフ シベリウス パガニーニ サン・サーンス チャイコフスキー ヴァイオリン協奏曲 教育 アンダーソン デザイン 日本語 ガーシュイン ブーレーズ 打楽器 日本音楽コンクール イベール 外国語 ドヴォルザーク 指導法

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QRコード