スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

グランツェ関連

最近シューマンが気になる今日このごろ。
というか、私の好きな作曲家は今のところフランスに偏っているので、もちょっとイタリアやドイツの人もまんべんなく聴きたいな。特に、ドイツはベートーヴェンやモーツァルトや件のシューマンやブラームスやブルックナーなどひょいひょい出てくるけど、イタリアが……ルネッサンスの人しか知らないかも、私。パレストリーナとか。確かに支配されてて余裕がなかった時代はあるだろうが、も少し探して聴きたいな。
イギリスはこの3国をある程度聴いてから考えようと思った。ていうかイギリスもバードとブリテンくらいしか知らないし。あ、あとストラヴィンスキーロシアもか! うーむ、やはり西欧は広い。アメリカは近現代しかないから楽そう。

グランツェ関連だけど、それほど長くはならない。
こないだの県連で、神田先生に遭遇。「まついさん?指揮者教えてあげてよー」と言われる。
しかし、OVが教えに来ていいものか? やはり現役から要請があってから教えに行くべきではないか? と結論づけ。だって何も要請されてないのに教えに行くのは単なるエゴの押しつけになるわけだし。特に今の場合は私、素人とプロの違いに苦しんでいるから、下手にグランツェに行くとプロ意識の押しつけになってしまうしね。
うーん……「グランツェは指揮者でもってる」という伝統が失われていくのは淋しいが(それもこれも27代で……いやもういいわ)、ま、それも運命やね。私もOV呼んだこと無いし(まつをは1回あったが。懐かしいなあ?みつざわさん)、こんなもんだろう。
スポンサーサイト

テーマ : 合唱あれこれ
ジャンル : 学問・文化・芸術

tag : 合唱 指揮

2009-06-18 : グランツェ : コメント : 2 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

おはようございます。正体バレてなくてよかった(^^)
昔もよくOVで練習に顔を出しに来る人はいましたよ。なかには「そんなに暇なのか?」ってぐらい頻繁な人もいた・・・
時間があったから顔出してみた、ぐらいで行ってみてもいいんじゃないですか。(最近のグランツェを知らないので、OVがくることが異常な雰囲気でなければ、です)
指導は、やはり要請があれば、でしょう。2年のとき来たOVは一度振ってったけど、なんか違和感がありましたね。でも、見てるとつい手を出したくなるのかも。
2009-06-18 09:22 : okiyo URL : 編集
そうなんですか。うちの時代は人による感じでしたね、OV。来る人はたまに来て、来ない人は常に来ない。あ、そらそうか。
しかし、練習覗きたいんですが、練習どこでやってるかメールでメインに聞いても返事こないんですよ~…こりゃやっぱり来るなってことなんですかねえ(><)
まあでも自力でどうにかしようとすることはいいことだとは思いますけど…。
やはり、こういう状態だと、OVはもうグランツェに関わる必要が無いんだな、と思えてきてしまいます。
2009-06-19 12:20 : まつい URL : 編集
Pagetop
« next  ホーム  prev »

スペック

まつい

Author:まつい

フリーで作曲・指揮をしております。
ベルソンピアノコンクール演奏会編曲家
 >>facebook

□■ 初演・再演情報 ■□
 16/01/15new
□■演奏会情報■□
 16/04/01new
□■ お仕事募集中!■□
□■ 教えられます ■□


↓むかし↓
愛知県立芸術大学音楽学部音楽科作曲専攻卒業
四日市市民オペラ「椿姫」副指揮者
三河市民オペラ「トゥーランドット」副指揮者
オペラ工房元副指揮者
名古屋音楽学校作曲科元受講生
混声合唱団名古屋大学コール・グランツェ28期OV
(名古屋大学文学部人文学科日本史学専攻近世史研究室卒業)
長良高校コーラス部平成14年度卒業生

カウンタ

since 2009/01/01

ブログランキング

こいつ、できる…! と思われた方、↑クリックよろしくお願いします。

タグクラウドとサーチ

> tags
ベートーヴェン オーケストラ コンクール 編曲 合唱 クラリネット アニメ 作曲 宗教 ミュージカル ネタ 弦楽器 指揮 ジャズ 演奏会 オペラ 初演 おんがく・むじか 病気・健康 旅行 俳句 短歌・俳句 カラヤン ビゼー プッチーニ 声楽 歌曲 フーガ 仕事 ソルフェージュ 対位法 和声 楽典 木管楽器 写真 金管楽器 電子音楽 ToDo 自作品 近藤先生レッスン 漫画 現代音楽 青少年音楽入門 バーンスタイン 絶対音楽 料理 日本音楽 管楽器 洋楽 自作作品 副指揮 レシピ 日本史 政治経済 ストコフスキー 音源 バッハ オーケストレーション 買い物 楽譜 オケストレーション ヒナステラ EL&P 世界史 尺八 吹奏楽 ポルナレフ 木下牧子 チンクエッティ クイーン フーファイターズ レッドホットチリペッパーズ レディオヘッド 音楽学 音楽史 ドイツ語 パナムジカ メンデルスゾーン サックス シュワントナー ディーリアス 岐阜 ホヴァネス ピアノ オッフェンバック ブルックナー ラフマニノフ バルトーク ラッヘンマン 作品 オーディオ 弦楽四重奏 教職 ラヴェル 譜面 ブルッフ シベリウス パガニーニ サン・サーンス チャイコフスキー ヴァイオリン協奏曲 教育 アンダーソン デザイン 日本語 ガーシュイン ブーレーズ 打楽器 日本音楽コンクール イベール 外国語 ドヴォルザーク 指導法

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。