スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

うーむ……

とまれ、まずは音楽学校まとめ。

作曲
・展望を考える
・クライマックス意外にも盛り上がるところをつくる
・計画的に。いきあたりばったりに書かない
・4声をもっと多用する。
・長く。
・あ、あと、実に基本的なことなのですが、→の動きをするときはに?の7は当てはめられません。連続5度が生じます。

ピアノ
・ハノンの5をタッカで。
・ツェルニーの26の中間部、強拍で手首を下げ、弱拍で手首を上げてゆるめるイメージで。
・そこでは右手は見ない。
・それ以外も見ずに弾けるようにしていく。
・同じ音を違う指でスタッカートで弾く際は、手(特に手首)を動かしすぎない。
・ハノンの31(だったかな)の和音では、音を弾いたらきちんと手を離す。そのとき指を離すのではなく手首を離す感じで。
・そこではペダルを使う。
・なじむ、実になじむぞ!

ソルフェージュ
・課題はやはり単旋律ですね。
・先生が弾き間違えることはありえないことがわかったので、どんなに細かいリズムの違いでもあなどらずにきちんと書き取ること。
・また、新曲視唱は最初に楽譜を見る時間内で楽譜を読みとれるようにする。(まあ最悪、ふいみたいにぶっつけで歌うことも考える。その場合はそれはそれで楽譜を読む力を身につけよう。)……うーんしかし、楽譜を読みとるにはその楽譜の演奏時間分だけ時間がかかる私はやはり不利だな。そう考えるとぶっつけ能力を高めた方がいいかもしれない。


なぜ歌か? その答えが出ない。

さて、私は音楽とどう向き合ったらいいのであろう。
他人に依存することでできあがる音楽はもちろん嫌なのだけど、じゃあ自分にだけ頼ってればいいのか? と言われると、それもまた絶対に違う。
つまり、私はふいとどう向き合ったらいいのかわからない。
きちんとやると厳しくなりすぎてしまう。でもそうじゃないとしたら、今日みたいに手を抜きすぎてしまうかもしれない。趣味の集団だとあなどって。
もし楽しくやれればそれでいいのなら、私にとっての楽しいは音楽の追究だから、厳しくやることになってしまう。厳しい=楽しいってなんだかドMですね。あ、ここでの「厳しい」は叱ることではなくこだわることです。できるまでやるという感じ。(もっともこの定義はプロには通用しなくて、私の中だけの定義なんですが)
私が普段向き合っている音楽とは、ふいの音楽は違う。音楽が違うのか、音楽以外の部分が違うのかはわからないけど。
だから、私には音楽が二面性を持つように見える。と書くといかにも陳腐な表現ですね。陳腐というかなんか違うというか。
その、言ってみればダブルスタンダードみたいなものに、どう対応すればいいのかわからない。

音楽学校内は、私から見ると、異常。
通常の塾で必死に勉強する子たちは、勉強することで将来選択できる道が拡がる、という意味合いがあるけど、彼女たちは違う。音楽の勉強は音楽の道にしか通じない。それでいて、彼女たちがなんのために音楽をやっているのか皆目つかめない。通常のガリ勉より遙かに強固なレールの上にいる。
ただ、そのオーラこそがプロの音楽の世界なんだろうなとは思う。別に嫌いじゃない。
私は普通の世の中を一度通ってきたから、プロ音楽の世界のオーラに包まれながら、通常の「常識」あるいは「別の分野からの目」を持って音楽に望むことができる。それは、部分的には必ずアドバンテージになると思う。部分的にはね。

そのプロのオーラを浴びていると、どうしても感じるのが、合唱界全体のぬるさ。
たとえがあれだが、2ちゃんを見ていても、合唱板のレベルはクラシック板のレベルに比べると遙かに低い。ありきたりな話や技術の話、スポ根話しかなされず、音楽それそのものの意味、あるいは合唱・歌であることの意味などまるで考えられていない。(まあ、クラ板はクラ板で、ちょっと批評家面しすぎてる面もあるが。)
なんというか、合唱界全体が井の中の蛙状態になっている感じがする。
そういう状態は、別に憂うべきことではなくて、ただ私が「ぬるいな」と感じているにすぎないのだけれど。

もちろん、それは、プロ合唱団が東混しかないのが最大の原因なんだけどね。
あ、あと、声楽の勉強と合唱の勉強の間に矛盾が生じるから、ってのもあるかも。
だから、合唱界は全体として基本的に素人の集団であり、それがゆえにオーラからして趣味レベルにすぎない、というのが結論として出てくるんだろうな。

……

とにかく、今私は、私のやりたい音楽の道をやるということを考える。
あれだ、本業はやりたいことをやるレベルには遙かに達していないから(つまりまだやりたくないこともたくさんやらなきゃいけないレベル)、?→!の方でね。
そろそろ練習始めたいなー。そして合唱連盟に登録する必要性をあまり感じなくなった。


明日は県連。
スポンサーサイト

テーマ : 作曲
ジャンル : 音楽

tag : 作曲 和声 ピアノ ソルフェージュ 合唱

2009-06-14 : 名古屋音楽学校 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

スペック

まつい

Author:まつい

フリーで作曲・指揮をしております。
ベルソンピアノコンクール演奏会編曲家
 >>facebook

□■ 初演・再演情報 ■□
 16/01/15new
□■演奏会情報■□
 16/04/01new
□■ お仕事募集中!■□
□■ 教えられます ■□


↓むかし↓
愛知県立芸術大学音楽学部音楽科作曲専攻卒業
四日市市民オペラ「椿姫」副指揮者
三河市民オペラ「トゥーランドット」副指揮者
オペラ工房元副指揮者
名古屋音楽学校作曲科元受講生
混声合唱団名古屋大学コール・グランツェ28期OV
(名古屋大学文学部人文学科日本史学専攻近世史研究室卒業)
長良高校コーラス部平成14年度卒業生

カウンタ

since 2009/01/01

ブログランキング

こいつ、できる…! と思われた方、↑クリックよろしくお願いします。

タグクラウドとサーチ

> tags
レシピ 料理 編曲 ベートーヴェン コンクール オーケストラ 合唱 クラリネット アニメ 作曲 宗教 ミュージカル ネタ 弦楽器 指揮 ジャズ 演奏会 オペラ 初演 おんがく・むじか 病気・健康 旅行 俳句 短歌・俳句 プッチーニ ビゼー カラヤン 声楽 歌曲 仕事 楽典 対位法 和声 ソルフェージュ フーガ 写真 木管楽器 金管楽器 電子音楽 ToDo 自作品 近藤先生レッスン 漫画 現代音楽 バーンスタイン 青少年音楽入門 絶対音楽 日本音楽 洋楽 管楽器 自作作品 副指揮 政治経済 日本史 音源 オーケストレーション ストコフスキー バッハ 楽譜 買い物 オケストレーション EL&P ヒナステラ 世界史 尺八 木下牧子 ポルナレフ チンクエッティ 吹奏楽 レディオヘッド レッドホットチリペッパーズ クイーン フーファイターズ 音楽学 音楽史 ドイツ語 パナムジカ メンデルスゾーン サックス シュワントナー ディーリアス 岐阜 ホヴァネス ピアノ オッフェンバック ブルックナー ラフマニノフ バルトーク ラッヘンマン 作品 オーディオ 弦楽四重奏 教職 ラヴェル 譜面 ブルッフ シベリウス パガニーニ サン・サーンス チャイコフスキー ヴァイオリン協奏曲 教育 アンダーソン デザイン 日本語 ガーシュイン ブーレーズ 打楽器 日本音楽コンクール イベール 外国語 ドヴォルザーク 指導法

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。