天理に行ってきましたわあーん!

すごい宗教観光都市でした。

レッスンメモ!
・(万葉集より)攻めが足りない。万葉集はもっとおどろおどろしい意味不明な世界。わかりやすすぎる。もっと中途半端な感じにした方がよい。余白のない絵というのは聞き手に考える余地を与えない。もっと自分の想像を膨らませる余地を持たせろ。日本語のひらがなの良さはよく現れている。朗読調になってしまっている。歌というのはもっと引き延ばしたり言葉と言葉の合間に間があったり、もっと遊び心があった方がいいのではないか。あまりにもワンパターンで、次何て言うんだろう、どんな展開になるんだろうと予想させる、好奇心をかきたてるものがない。でも今の私には精一杯。
・(初めて聴く人に言葉がわかんないのでは?)言葉なんてどうせわかんない。英語の曲を聴いても言葉わかんないけどいい曲だってわかるでしょ。オペラも同じ。意味を伝えるんじゃなく意味に込められた熱いを伝えろ。意味にとらわれると頭で考えちゃう。もっと感覚的なもので訴えた方が、感動というのはそこから生まれる。言葉にはそれ自体に意味、力があるから、明確な意味を知りたければ文章を読んだ方がわかりやすい。なぜ音楽に託すのかを考えると、意味など必要ない。
・(指導も?)歌い手としては意味を考えるのは必要。指導も。だが聞き手として意味がわかる必要はない。できのいい歌い手だったら何の意味も必要ない。天才的な人、感覚で歌う人は意味を考えると邪魔になる。言葉ではなく音として全部をとらえるのが音楽としてはいいものができあがる。私が教えるような人はちょっと小難しいことを言った方が喜ぶ人が多い。いろんな情報を持ち合わせて、全部出さない。知ってるという振りをする。何か質問されたら適当に答えて後で調べる。指導する立場の人ははったりかませ。頭でっかちがおおいから。私よりも年配の人からの質問には、答えるよりも向こうに答えさせる。わかんないって言ってもよい。適当にごまかす。
・日本語は一音一音ものすごく意味が深い。もし私が日本語を大事にする曲作りをずっと続けていきたいなら、書道を習いなさい。ひらがなだけでいいから。できれば崩し文字。そういうアプローチも、音楽に織り込んでいくのによい。文字の力はすごい。崩し文字なんか流れがまさに音楽。自分で書くのもいいし、書家展とか見に行ったり、お経とか、カルタとか、ああいうのでもよい。読めなくてもいいから。形が気に入ったものを部屋に飾るとか。そっからエネルギーを吸収してごらん。一番いいのは自分で習うこと。今音楽に関して足踏み状態だから、違うアプローチするのもよい。
・かざす、は、手をかざして愛でるというか、距離感を縮めるという意味合い。
・いわばしる、はごつごつした岩のところを走ってくるから、勢いがある。たるみのみは海に掛け合わせている。見えているのは滝だが広大な海に通じる。みは見えるのみというのもある。たるは足りる。はるかかたなたまで見えない海と、見えているようで見えない、先は分からない、自分の人生はどこまでいくのだろう、この世はどこまで続いているのだろう、無限大の世界、というのを表現している。さわらびは小さな存在だけど、広大なる世界の小さな私、という意味。わらびのなかにわびさびという言葉遊び。ちっぽけな自分であり、海であり宇宙であり、全部ひっくるめて入っている。わらびはまっすぐに伸びない。ひねている性格。わらびがどういうところに生えるのか、桜みたいに華やかではない。そういうのに自分を重ね合わせる。皇子というのは締め付けられている、規制が多い。放たれたいという欲求がある。
・もえいづる、というのは、つには続くという意味があって、生まれては消え生まれては消え、という、始めであるけども終わりがある。るは終わりに通じる。はるははるかかなたに掛け合わせている。日本語はひとつひとつに意味がある。裏に含めている意味によって広がりが出る。この曲はちっこい。
・この時代の人々は言葉遊び、裏の意味を含めてとかをいろいろわからないように含ませている。昔は暗闇があった。この曲は光り輝く世界。つねに真っ暗闇の世界、月明かりも無いような真っ暗闇、恐い世界、魑魅魍魎の闊歩するような世界からすると、夜を越えての春というと本当に明るくなっていく、人生の喜びであり、全てが活気づく。現代とは考えられない落差。この時代のものを書きたければ真っ暗闇というのをどこかに入れないと表現できない。春になったら新しいものが芽生えてきて、草木が生えてきて、というのも、自然の摂理から逆らえないもの、自分もその流れに逆らえずにいる、という意味も。
・遊び心を持ちなさい^ω^
・としのはにうめ、というのは、としのはは幼いもの、うめは老婆、しわくちゃのおばあちゃんを指す。ちっちゃなおさなごから老婆(その時代ご老体といったらほとんどおばあちゃん)、その全部の世代をひっくるめて、うめを愛でるというのは全人類を愛することに繋がるのだ! たのしくというのは他人の死苦によってえられるもの。他人の悲しみ苦しみがあってこそ自分は楽しませてもらっている、おこぼれをもらっている。負荷があってこそのプラス。表裏一体。たのしいというのは明るいだけでなくそれだけの暗い思いがある。だからこそ楽しめる時には楽しんどけ、ということになる。ただ楽な人生だったらつまんない。苦労があってこその喜びがある。のという字が全部ひっくるめるという円の字。のには全てをくるむの意味がある。まめというのは食べる豆、まめまめしいのまめ、種、事始め、全ての始まり、というのも込めて、のめじゃなくてのまめ。まというのは真っ暗闇のまであり、真実のまであり、末のまである。日本語を並べていくならば、自分の中で思いつくままに言葉を考えていく。正解はない。自分なりの解釈で広げていったらいい。
・すぎるはすすぐから繋がる。全て水で流す。過ぎたことは水に流すのが摂理。あとは自分で考えてごらん。
・3人の曲を持ってきたにしては曲調が似通っている。もうちょっと色合いを変える工夫がいる。全体のバランスも大事だが、あまりにも同じパターンでいってしまっている。
・堅く考えることない。自分が勝手に思えばいいこと。こうですよああですよと決まっていることではない。
・万葉集の歌詩をいろいろちりばめると面白い。
・(夏草や)さっきのより面白い。まだ遊び心がある。自由奔放に書いている。規制がない。約束事を無視した書き方している。これを書いてた頃の方が楽しかったんじゃないか? 知っていることが少ないから自由に書けた。今はこれがだめだあれがだめだというのが先に立つ。
・この言葉は女には扱えない。男は本能的に戦うのを持っている。実際に戦地に赴いた者でないとわかり得ない境地。命を落とすかも知れないという恐怖とともに戦う時のアドレナリン、高揚感は女には感じ得ない。持ち合わせがない。女は子供を守る、子供を産むってことが全てになっている。
・芭蕉は男っ気のある人。女に読ませるための句は一つも書いていない。女にわからせようという気はさらさらない。けど言葉遊びに没頭して力仕事なんか何も出来なかったし、道楽に生きれた。幸運だった。
・芭蕉の句には色がある。全て絵になる。光景が浮かぶ。短い言葉の中に、絵にもなり、音楽にもなる、総合芸術。後ろに広がる繋がり方は幾通りにもなる、意味も深ければ、色もあれば音楽にもなる、転がしていける表現の最初のとっかかりを作った人。芸術家として生きるなら芭蕉の句は読みあさって損はない。女にはわかりえないといってもくみ取れるものがあるんじゃないか。全ては無理でも。小難しく考えず鼻歌にしたらいいんだよ。
・どんなものでも日本語の作曲をしようと思ったら、何度も何度もひらがなで書いてみること。文字が自分になじんできたら生まれてくる音楽があるだろう。遊べ遊べ。
・(踏まれても)私は自虐的。転んでもただでは起きない。この曲は4つの声部が仲良くしすぎ。もっとぶつかって張り合ってという掛け合いがないと。みんな足並み揃えて仲良くいきましょうという感じ。性格がない。キャラ作りができてないしそういう発想自体がない。4つの声部が、クローン人間の寄せ集め。一人が4分割にしても、人間にはあらゆる面があって、人前での自分とか、誰の前にいるかによって微妙に違ってくる。そういうものを含ませないと色がつまんない、ぼやけてしまう。はっきりと別個のキャラクターを持ってきた方がわかりやすい。よい子ちゃんでこぢんまりとまとまっている。これがもし歌い手が決まっているのであれば、歌い手の個性に合わせて作っていくのが一番手っ取り早い。漫画化しちゃう。絵に描いてみて、キャラクターを作ってみたら、あとは勝手に遊ばせる。というのができるようになれば随分作曲が楽になる。
・(お経)空についてわかったら全部がわかる。説明は何通りにでもできる。人それぞれ捉え方もまちまちだし、腑に落ちる言葉もどこかにあるだろう。
・自分で曲を作る時は自分で歌わないとだめ。口ずさんで作っていく。曲を作るときには天を待ってるイメージで。音楽というのは人を天に導くためのもの。ただ日本語は地を這う。それをミックスさせてどちらのいい面も引き出す。中途半歩になりがち。どっちつかず。どっちかだけに極端に弾けるとよい。
・(闘牛士)邪魔せずにちゃんと作っている。元がいい曲は変に自分を入れるとよくない。外国人はいっぱい手を加えてごてごてにするパターンが多いらしい。欲を言うならばこの人の曲はもっとはったりをきかせるところがある。ただ歌い手が楽。無理なくできるから緊張がなさすぎる。中だるみしてしまう。そこは崩した方がおもしろみが出る。
・(stelle)もっとコミカルにしないと。もっとはちゃめちゃにして、コケティッシュ、オペラには色気が必要。それにはまず自分が興奮状態にあって曲に接しなければ。何度も何度も聴いて自分の中から湧き上がってくる熱きものを曲にする。ルーチンワークになっている。余計なものは何もないが、あまりにもこうまとまっている、小さくなっている。
・(桜)お行儀がよすぎる。パターン化されてて、スピード感が一緒になっているから、舞う感じがない。もっと変則的に、曲線を交えないと曲としてのまろみ、広がりがない。音域が決められてしまっているから、いろんなところにいろんな音符を持って行く。低音パーツで高音出させてとか反対にしてみてとか。複雑な絡み合いがないと。コンクールじゃないならもっともっと破天荒にしないと。なおのこと。桜の前に形容詞をつけてそのイメージで曲を書きなさい。動かす。匂いがない。曖昧な色彩になってしまっている。もっとはかなげな感じだったり、わずかな時間でも咲き誇る堂々たる思い、壮大さ、相反するけどそういうものを織り込めないと。こういうのをやってみたいなーという、ちょっと挑戦しているようなところはある。ただやっぱりブレーキがかかってしまっている。書けるだけ思いつくままに書いていって、あと削ればいい。
・先生にOK出してもらえるんじゃないかなと思いながら作ってるところがある。枠にはめて、というのが抜け切れていない。癖。
・(みず)打楽器だけでメロディを作ってごらん。そういうのをいろいろちりばめればいい。金管セクションだけとか。木管だけとか。弦楽器だけとか。難しいけど。高音に頼ってしまうところがある。低音がしっかりしてないと曲としてうまくいかない。低音で主旋律をやるのは手法としてわかりやすい。勉強にもなるし。このタイトルにするなら水の音のするところで、水の流れを感じながら書くのが手っ取り早い。かわとうみって全然反するものなので、全部みずとひとくくりにするのではなく、イメージが湧いてくるもの、ここはこういうものを表現して、というのがなくて、まんべんとしている。机に向かっているイメージ。もがき苦しんでちっとも楽しんでない感じ。何か作らなくちゃとやってもうまくいかない。水の力というのは浄化力。神様がいるんだから、感謝の気持ちとかあがめる気持ちが出てくると、もっと深みが出る。私のやろうとしているのは風呂桶の水。テーマをちっぽけにしてしまわずにもっと広げなさい。人が聴いてどう思うかに意識が行っている。自分が聴いて心地よい状態、自分がこの曲大好きという状態でないと誰も惹き付けない。聞き手はそのあと。こういうのをしたいけどこれ無理じゃないかなーという規制がかかっているから、そういうのを無視してとにかく好きなだけ入れちゃってそのあとで調整すればよい。始めから枠の中でしか考えていない。最初は素人になりなさい。臆病になっちゃうし無理なくやっている。
・(名古屋市営地下鉄)これを作りたいなら駅に降り立ってその周りをぐるぐるお散歩してらっしゃい。
スポンサーサイト

続きを読む

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

tag : ベートーヴェン 作曲 指揮

2015-04-25 : 由無事 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
ホーム  次のページ »

スペック

まつい

Author:まつい

フリーで作曲・指揮をしております。
ベルソンピアノコンクール演奏会編曲家
 >>facebook

□■ 初演・再演情報 ■□
 16/01/15new
□■演奏会情報■□
 16/04/01new
□■ お仕事募集中!■□
□■ 教えられます ■□


↓むかし↓
愛知県立芸術大学音楽学部音楽科作曲専攻卒業
四日市市民オペラ「椿姫」副指揮者
三河市民オペラ「トゥーランドット」副指揮者
オペラ工房元副指揮者
名古屋音楽学校作曲科元受講生
混声合唱団名古屋大学コール・グランツェ28期OV
(名古屋大学文学部人文学科日本史学専攻近世史研究室卒業)
長良高校コーラス部平成14年度卒業生

カウンタ

since 2009/01/01

ブログランキング

こいつ、できる…! と思われた方、↑クリックよろしくお願いします。

タグクラウドとサーチ

> tags
編曲 ベートーヴェン コンクール オーケストラ 合唱 クラリネット アニメ 作曲 宗教 ミュージカル ネタ 弦楽器 指揮 ジャズ 演奏会 オペラ 初演 おんがく・むじか 病気・健康 旅行 俳句 短歌・俳句 カラヤン ビゼー プッチーニ 声楽 歌曲 フーガ 仕事 ソルフェージュ 対位法 和声 楽典 木管楽器 写真 金管楽器 電子音楽 ToDo 自作品 近藤先生レッスン 漫画 現代音楽 青少年音楽入門 バーンスタイン 絶対音楽 料理 日本音楽 管楽器 洋楽 自作作品 副指揮 レシピ 日本史 政治経済 ストコフスキー 音源 バッハ オーケストレーション 買い物 楽譜 オケストレーション ヒナステラ EL&P 世界史 尺八 吹奏楽 ポルナレフ 木下牧子 チンクエッティ クイーン フーファイターズ レッドホットチリペッパーズ レディオヘッド 音楽学 音楽史 ドイツ語 パナムジカ メンデルスゾーン サックス シュワントナー ディーリアス 岐阜 ホヴァネス ピアノ オッフェンバック ブルックナー ラフマニノフ バルトーク ラッヘンマン 作品 オーディオ 弦楽四重奏 教職 ラヴェル 譜面 ブルッフ シベリウス パガニーニ サン・サーンス チャイコフスキー ヴァイオリン協奏曲 教育 アンダーソン デザイン 日本語 ガーシュイン ブーレーズ 打楽器 日本音楽コンクール イベール 外国語 ドヴォルザーク 指導法

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QRコード