2013年の反省

反省と新年の目標を分けるの初めてかも、、、? いや、どうだったかな。


今年の目標を振り返りますね。
今年は、
・外に出る
・指揮と作曲で食っていくという覚悟とつてを確実なものにする
・総じてアクティブに活動していくが、しかし「これは無理では?」と一度は必ず疑い、えらい(名古屋弁)と思ったらすぐに負担を軽減する策を練るか、最悪辞退することも考える。遅れれば遅れるほど先方に迷惑がかかるからね。
・自分の作品と人生・価値観の方向性を具体的に一致させる。場合によっては、「えー(´・ω・`)」と感じるような作風の方が人生に合っていることだってあろう。
こんな感じでした。

……うん……。

一つ目はいいんだ。確かに外に出た。
二つ目と三つ目がね。三つ目がうまくいかなかったせいで二つ目もうまくいかなかったんだ。
とはいえ、ぼろぼろの状態でメリーウィドウに突っ込んでても先方に迷惑かかっただろうし……最善のタイミングではなかったけど、あれよりも降りるのが遅れるよりはましだと思いたい。

てーかさ、途中まではよかったんだよね……(遠い目)。

あと四つ目はまだ目標として考えるほどの段階に至ってない気がする。とりあえず卒作の合唱曲は一致してましたよ。


まあ、何だ。
途中まではよかったんだ。
9月に予期せぬことが起きたからうまくいかなくなったんだ(いや、それだけが原因じゃなくて、原因は3つあるんだけどさ)。
今日、風呂の中で「運が悪かった」という結論に至った。
弟の時はその結論に2,3日で至ったけど、今回は4ヶ月近くかかった。
弟には悪いけどそれだけ今回は辛かったというか、頭が働かなかったんだよね、弟の時に比べると。
それでも4ヶ月前に比べたらずっとましになってきているし、来年からはバリバリ働こうと感じる。もう「働くの怖い」とかあんまり思わない。
バリバリといってももちろん制限はかけなきゃいけませんけどね。体力的に。

冬至も過ぎたし昨日卦を立てたんだけど、来年、決して安楽に・気楽に過ごせるわけじゃないようだし、ひとまずは油断せずに一歩ずつ進んでいかねばなるまいよ。


来年の目標はまた年始に。
それでは皆様、良いお年を。
スポンサーサイト

テーマ : 雑記
ジャンル : 日記

2013-12-27 : 由無事 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
ホーム  次のページ »

スペック

まつい

Author:まつい

フリーで作曲・指揮をしております。
ベルソンピアノコンクール演奏会編曲家
 >>facebook

□■ 初演・再演情報 ■□
 16/01/15new
□■演奏会情報■□
 16/04/01new
□■ お仕事募集中!■□
□■ 教えられます ■□


↓むかし↓
愛知県立芸術大学音楽学部音楽科作曲専攻卒業
四日市市民オペラ「椿姫」副指揮者
三河市民オペラ「トゥーランドット」副指揮者
オペラ工房元副指揮者
名古屋音楽学校作曲科元受講生
混声合唱団名古屋大学コール・グランツェ28期OV
(名古屋大学文学部人文学科日本史学専攻近世史研究室卒業)
長良高校コーラス部平成14年度卒業生

カウンタ

since 2009/01/01

ブログランキング

こいつ、できる…! と思われた方、↑クリックよろしくお願いします。

タグクラウドとサーチ

> tags
レシピ 料理 編曲 ベートーヴェン コンクール オーケストラ 合唱 クラリネット アニメ 作曲 宗教 ミュージカル ネタ 弦楽器 指揮 ジャズ 演奏会 オペラ 初演 おんがく・むじか 病気・健康 旅行 俳句 短歌・俳句 プッチーニ ビゼー カラヤン 声楽 歌曲 仕事 楽典 対位法 和声 ソルフェージュ フーガ 写真 木管楽器 金管楽器 電子音楽 ToDo 自作品 近藤先生レッスン 漫画 現代音楽 バーンスタイン 青少年音楽入門 絶対音楽 日本音楽 洋楽 管楽器 自作作品 副指揮 政治経済 日本史 音源 オーケストレーション ストコフスキー バッハ 楽譜 買い物 オケストレーション EL&P ヒナステラ 世界史 尺八 木下牧子 ポルナレフ チンクエッティ 吹奏楽 レディオヘッド レッドホットチリペッパーズ クイーン フーファイターズ 音楽学 音楽史 ドイツ語 パナムジカ メンデルスゾーン サックス シュワントナー ディーリアス 岐阜 ホヴァネス ピアノ オッフェンバック ブルックナー ラフマニノフ バルトーク ラッヘンマン 作品 オーディオ 弦楽四重奏 教職 ラヴェル 譜面 ブルッフ シベリウス パガニーニ サン・サーンス チャイコフスキー ヴァイオリン協奏曲 教育 アンダーソン デザイン 日本語 ガーシュイン ブーレーズ 打楽器 日本音楽コンクール イベール 外国語 ドヴォルザーク 指導法

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QRコード