スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

寝れん。

名大祭合唱(だからこれは何と呼ぶべき企画なんだろうか……?)で、次の練習であれも言いたいこれも言いたいってことが溢れ出てきて寝れない。典型的な躁状態である。いや、会社にガチの躁鬱病の人いてやめていったのであの人の躁状態には劣るとはわかっているけれども。
あの曲を書いた時の気持ち。感情。

バーンスタインは、音楽は感情を表現するためにあると言った。
で、私は、演奏するとは奏でることによって演じることだと思っている。

それを軸に次回お話ししたり練習したりする予定です。
スポンサーサイト

tag : 合唱 指揮

2016-05-19 : グランツェ : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

OV総会でしたァァン!(ジョセフ風)

グランツェのOV総会でした。久々の面子と飲めて楽しかったですよ。
現役とも交流できたしお仕事の話もおおっとこれ以上は秘密だぜ!
楽しみ楽しみ。

今はオケ編曲が楽しすぎるのですが、やっぱり合唱もやりたい。今回の仕事が一段落ついたらまた朝日に向けて合唱曲を書く予定ですよ。
35歳まであと4年ちょっとしかないので頑張らねばねば。

今回はテキストが長いので「一度文字を書く」ってのがなかなか大変。
でも某氏も久田も言ってたけど書いた方が絶対いいフレーズに繋がるのよね。
テキストが長いからただ歌うだけだと漫然としてしまうのも問題点。作曲法を考えねば。

あー酒が入るとテンション上がるな! わかりやすい奴だ。

テーマ : 合唱あれこれ
ジャンル : 学問・文化・芸術

tag : 合唱 作曲 指揮 オーケストラ

2015-10-10 : グランツェ : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

名大のグランツェに行ってきたり、久々の芸オペなど。

カテゴリどうすればいいか迷うな。


月曜日は怪談企画の合わせに名大に行って参りました。
学館6集と言われたけど1階だったか2階だったか忘れてしまいおばちゃんに案内してもらうという体たらく。
というか前々からA館が使えないようで、エレピをわざわざ学館まで運んでいただきました。
というかエレピがうちらの頃よりなんかごつかった。すごい。

そいでもって自己紹介など。
みんないい子ばかりでしたよ!
今回は15人に歌っていただくのですが、私にとってはとてもやりやすい人数で、安心。私多分何につけても20~30人が限度というか、それより増えると多分大幅にパフォーマンスが落ちるんだよね。(私のCPUの。)
まずは説明したりなど。説明するの苦手。相手がどの情報を得てないか、というのが把握しきれない。何か大きな欠落があったりして、大変な勘違いに繋がってしまうと厄介。
あとは発声したりなど。よい声ですね、みんな。そして早速歌う。つってもピアニストがいないのでアカペラ部分しかできませんでしたが(いや、やろうと思えばできたのかもしれんが……ちょっと詰めが甘かったな)。
2時間くらいで終了。

その後倉庫を見に行ったりしました! 広くなってるー!
そして終わった後みんなとご飯に行けば良かった、、、ま、いいか。次回次回。


昨日は久々に芸オペ行きました。
どうやら先生が誰も来ない日だったようで、行ったらありがたがられました。
とはいえかなり過疎ってて、あまり稽古らしい稽古ができなかったけれども……
ちょっとはお役に立てたのかしら。
ちなみに今日は行くはずだったのですが、朝強烈に疲れていたため行けませんでした。早く堀口先生にお会いしないと……あと辻くんとも。

あと電子音楽やらないといけないね>< 頑張ろう自分!

テーマ : オペラ
ジャンル : 音楽

tag : 作曲 合唱 オペラ 指揮

2013-08-29 : グランツェ : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

遠回り

遠回りしてここまで来たんだなあ……。
つまり、ストレートで高校受かって大学受かって就職してたらわかんなかっただろうことがたくさんある、ってこと。

神様は俺をくせーところへやるのが好きなようだ……じゃなくて、神様は私に指揮を振らせようとしない。
グランツェで指揮を1年しかやらなかった。やりたいって言えば2年目やれたかもしれないのに。やりたいって言うという選択肢に気づかなかった。
その後フェアウェルで振ったけど、落胆した。
その後自分の団を立ち上げようとしたけど、うまくいかない。
その後ハモたまで副指揮やってるけど、体調がよくない。
今芸オペの副指揮を始めようとしているけど、うまくいくかどうか。

私の指揮は、全て、「あのときできなかった」という満たされない気持ちが動機となっている。
これは他ならぬ遠回り。
できなくてできなくてできなくて、その先に大器晩成があるのだと信じて、というよりは確信してやっている。
できなかったという経験が自分の養分になるのだと。
神様は私に指揮を振らせようとしないようだが、多分諦めない方がいいのだと思っている。方がいいというか、たくないというか。

もともと遠回りする体質なのかも。
そもそも基礎が大事だからって県芸に来ちゃったし。(でも来てよかった。書きたいという気持ちのわき上がらせ方がわかった気がする)
遊びがいやなんだ。遊びってのは、つまり、「やりたくないことはどんなに必要な鍛錬でもやらない」という精神。
必要ならやりたくなくてもやれよ! 極められねーじゃん! と思っちゃう。
だから仕事で音楽をやりたいし、プロフェッショナルになりたいと思う。
それもある意味遠回りだな。短絡的にやりたいことだけやってればいい人生と比べると時間がかかる。でも確実にものになると思う。


GWの予定。
28 授業→芸オペオーディション
29 夜芸オペスタッフ呑み
30 ハモたま
5/1~3 予定がないので〈牙を剥く〉を仕上げる
4 ありちゃんの結婚式
5,6 真夏のピアノ合わせ(合わせるわけじゃないんだけど他になんてゆったらええかわからんねん)
7 ハモたま(仕切る)
8 真夏のピアノ合わせ→音楽呑み

うわ、これは休めない。
でも今曲書くの楽しいわ。

テーマ : 合唱あれこれ
ジャンル : 学問・文化・芸術

tag : 指揮

2011-04-28 : グランツェ : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

結婚式でしたー

曲をプレゼントしたんですが、なんといきなり訂正個所発見、、、
件の度調の属9の2転の根省の準固有和音→?に進むところで、連続5度が発覚、、、
属9の2転から基本形にいってはいけないという初歩を忘れてしまっていたもよう。
確かに、どーりですっきり聞こえると思った!
まあ、いいんですけどね。和声じゃないから、別に和声的に間違ってても。でも意図した連続5度じゃないならやっぱりそれは失敗と言える気もするし……この辺は人によるかな。私はそういうの気持ち悪い派。

連続5度って、なんでだめなんだろうね。
何かの授業で聞いた話だと、1・5・8度の連続や並達はあまりにも音が溶け合ってしまって美しくない、みたいな感じだった気がするけど。
でもそれって本当なんだろうか? 自分ではそうかどうかはわからない。
そもそも、純正律的に正確な連続5度なんてあんまり聴いたことがないんだよね。ピアノじゃ平均律だし。確か、授業でやったオルガヌムの楽譜は連続5度や並達5度連発してて、音源聴いてもうわっとなったけど、でもそれってあらかじめ連続5度や並達5度はやっちゃいけないって知識として持ってて、和声学的に間違ってると知っているからうわっとなったに過ぎないような気もする。つまり、本当に本質的に醜いと感じたわけではないんじゃないか、ということ。
うーむ。なぜ和声学で連続5度や並達5度は排除されてきたんだろう。

そう考えると、曲の連続5度部分を改訂するかしないかは、純正律的にきちんとはもっている演奏を聴き比べて判断するしかないような気がする。なんたってfinaleの音源は平均律ですから(ピタゴラスだったらごめんね、平均律とピタゴラスとの違いは聴いてもわからん。あとそれ以外も知らん)、あれで聴いたってどっちがいいかなんて判断できないし、私はしたくない。


足りないものがあるなら、それを補うために頑張る。
完成しているより、未完成の方が頑張る気になる。
人は死んで完成するなら、死ぬまでは未完成なわけで、そう考えると頑張れる気がする。
死んでも未完成な人もいるけど、まあそれはとりあえず置いておいて。

といっても、外から見て、足りない状態の方がいい仕事する人と、足りてる状態の方がいい仕事する人ってのもいるような気はする。
その辺はもうほんと、わかりません。

テーマ : 作曲
ジャンル : 音楽

tag : 和声 作曲

2010-10-02 : グランツェ : コメント : 2 : トラックバック : 0
Pagetop
ホーム  次のページ »

スペック

まつい

Author:まつい

フリーで作曲・指揮をしております。
ベルソンピアノコンクール演奏会編曲家
 >>facebook

□■ 初演・再演情報 ■□
 16/01/15new
□■演奏会情報■□
 16/04/01new
□■ お仕事募集中!■□
□■ 教えられます ■□


↓むかし↓
愛知県立芸術大学音楽学部音楽科作曲専攻卒業
四日市市民オペラ「椿姫」副指揮者
三河市民オペラ「トゥーランドット」副指揮者
オペラ工房元副指揮者
名古屋音楽学校作曲科元受講生
混声合唱団名古屋大学コール・グランツェ28期OV
(名古屋大学文学部人文学科日本史学専攻近世史研究室卒業)
長良高校コーラス部平成14年度卒業生

カウンタ

since 2009/01/01

ブログランキング

こいつ、できる…! と思われた方、↑クリックよろしくお願いします。

タグクラウドとサーチ

> tags
レシピ 料理 編曲 ベートーヴェン コンクール オーケストラ 合唱 クラリネット アニメ 作曲 宗教 ミュージカル ネタ 弦楽器 指揮 ジャズ 演奏会 オペラ 初演 おんがく・むじか 病気・健康 旅行 俳句 短歌・俳句 プッチーニ ビゼー カラヤン 声楽 歌曲 仕事 楽典 対位法 和声 ソルフェージュ フーガ 写真 木管楽器 金管楽器 電子音楽 ToDo 自作品 近藤先生レッスン 漫画 現代音楽 バーンスタイン 青少年音楽入門 絶対音楽 日本音楽 洋楽 管楽器 自作作品 副指揮 政治経済 日本史 音源 オーケストレーション ストコフスキー バッハ 楽譜 買い物 オケストレーション EL&P ヒナステラ 世界史 尺八 木下牧子 ポルナレフ チンクエッティ 吹奏楽 レディオヘッド レッドホットチリペッパーズ クイーン フーファイターズ 音楽学 音楽史 ドイツ語 パナムジカ メンデルスゾーン サックス シュワントナー ディーリアス 岐阜 ホヴァネス ピアノ オッフェンバック ブルックナー ラフマニノフ バルトーク ラッヘンマン 作品 オーディオ 弦楽四重奏 教職 ラヴェル 譜面 ブルッフ シベリウス パガニーニ サン・サーンス チャイコフスキー ヴァイオリン協奏曲 教育 アンダーソン デザイン 日本語 ガーシュイン ブーレーズ 打楽器 日本音楽コンクール イベール 外国語 ドヴォルザーク 指導法

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。