お久しぶりでござるー

なう実家!
明日京都に行くので今日はおうちでぐだ~としようと思ったら、昨日先生から電話がかかってきまして、
「来年の12/24の文化センターホールを取ってくれ」と言われました。
というわけで本日13:00、3団体による抽選に参加しましたよ。
結果は……見事獲得!!
いやあよかった。「絶対」外れると思ってたのに。
これで年末までの運使い切ったな……と思った私は、文化センターの近くにある金神社にお参り。
ほんとはおみくじも引きたかったが初詣まで我慢するぞ(`・ω・´)
帰りに「挙式申し込み受付中」の看板を見付け、あーここで挙げるのもいいかなーと思った。岐阜駅からすぐだし。
まあ、相手が岐阜人の場合に限るか。

しかし、クリコンは今年で最後って話じゃなかったか……? 来年ホールとって何やるんやろ。


そういうわけで授業だったりなんやかやでした。今週。
月~水まで授業行ったら、木曜日に力つきて、さっきょす行けなかった。しょぼーん(´・ω・`)
まあCDを頂きましょう。
来年は私も出したい。でもポップスっぽい曲だから、ひょっとしたらだめかも(サックスはクラシックの吹き方とジャズの吹き方は全然違うようなのだ)。要相談だね。そもそも芸オペ副指揮やるんだったら無理ゲーだしな。


歌、書けません。
歌詩とにらめっこ始めて数日、曲が浮かんできません。
まだまだ歌詩の読み込みが甘いんだろうな。愛が足りないというか。
うう……締め切りが刻一刻と近づいてくる……。
スポンサーサイト

テーマ : 合唱あれこれ
ジャンル : 学問・文化・芸術

tag : 合唱 宗教 作曲

2011-12-02 : 長良 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

長良でしたー。

劇団四季に中村朱里さんっているんや……!? どきどき。


久々にソプラノ歌えてすっきりした!
でもどうやらGまでいくと厳しいようです。衰えたなあ……(主に腹筋が)
私が歌いたくなくなったのはソプラノじゃなかったからなのかもしれないね。たとえアルトでも女声合唱なら格好いいが、混声だと内声だからな……すっきりはしないかも。
どうせ出すなら下のFとかEとか出したいもの。

そんで12/14午前中に仕事が入りました。
今のところ一人だけなんだけど一人で芸なんてできませんよ……ファンタジーやメルヘンじゃあないんですから……
まあ普通に歌かなあ。しかし歌だと伴奏者が必要だわ。弾き歌いも不可能じゃないけどすっごい練習しないと難しいかも。……ピアノの弾ける皆様、ひょっとすると手招きしちゃうかもしれませぬ……。
幼稚園での公演だから、肩肘張る必要はないよ。

で、名駅で靴買った。なんで同じ週に2足も買うんだろう……
「買う」って行動が一種の麻薬みたいになってる。
このままではやばいけど買うのを抑制するのは多分無理なので、収入を増やすしかありませんな。バイト受かりますように。


無我夢中になる、ということが私の生活の中には必要らしい。
授業じゃ無我夢中になれないのは、学校によってお膳立てされてることだからなのかもな。
それにしても、今まで私が無我夢中になってきたことは全て舞台活動……これからも舞台から離れることはないのかもしれない。
そういえば、来年芸オペの副指揮やるかどうかは来年の委員長が決まってから考えます。よっしーや吉住先生ともきちんと話さなきゃいかんしね。

……そうか。私はマグロと一緒なのだな。止まったら死んじゃうんだ。
2007年も急にグランツェ行かなくなったからその後行けなくなってしまったんだ。
まあ、あの年は完全に家族>グランツェという価値観だったから仕方ないという面もある。


そして、今の私がすべき、したい、できることと言えば、歌曲を書くことです。
教授の歌をまずはよく味わうことから始めようね。
歌詩を味わって読むと、だんだん曲が浮かんでくる。(その人の持つ音楽性の範囲内でしかないが。だから私は調性音楽になる可能性が高い)
そういえば、今まで歌詩のことを考えながら歌ってたことはほとんど無いな。ポップス・クラシック問わず。唯一と言えるのが、〈飛行機よ〉。あの時期の私だったからこそ可能だったことだろうが。
普段、私が歌うとき、歌詩はただの発語、発音に過ぎない。基本的に味わうのは曲の方。
歌詩より曲が優先してしまう。正直、聴くときも歌詩はあんまり聴いてないし。曲を聴いてる。
その原因はわからないけど、結局、歌詩と曲が合ってないと私が感じるからなんだろうな。
だから自分で書いた歌曲は(まだ2つくらいしかないけど)すんなり歌詩が入ってくる。上述のように曲を考え出してるから、ナチュラルに結びつくんだろうな、歌詩と曲が。
まあとにかく、自分が歌いたくなる曲を書こうと思います。

今日ついったのフォロアーさんが「自分にだけ価値が解るもの。他人から見たらつまらなくても、自分にとっては大切なもの。他を犠牲にしても手放せないもの。それを捨ててまで生きたくはないな。」っておっしゃってた。すごく勇気が出た。
ちょっとずれるけど、命とか生きることってのは手段でしかない。生きることを目的にした人生は無意味だ。命より大事なことを成す。命より大事な物を守る。そのために命を使う、消費する、という風に考えて暮らしていきたいです。

テーマ : 合唱あれこれ
ジャンル : 学問・文化・芸術

tag : 合唱 作曲 歌曲

2011-11-20 : 長良 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

クリコンでしたよぉ?

クリコン終わりました。
終わってみるとまったりでした。
というか、舞台の最中袖とかにいるときは、わしってもっと極度の緊張を伴う舞台じゃないとうまく歌えないんじゃないだろうか…と思ったけど、終わってみるとやっぱり舞台ってだけで達成感はあった。
ていうか、もし緊張しなきゃ舞台じゃない! ってんなら、作曲の試演会はどーなんのよって話だしね。…と思ったけどこないだは指揮したんでした☆ てへ☆
個人的には、風邪を引いたせいで喉があれだったんですが、 歌ううちにだんだんエンジンが入ってきて、高い音まで出るようになったのでよかった。やっぱ前半の不調は単に温め不足だったのね。発声不足か。

とはいえ…私は今後もずっとソプラノでいていいんだろうか、という不安はある。
とりあえず、今まで教わってきた声楽出の先生(佐藤先生、神田先生、日笠先生)には全員「ソプラノじゃない」って言われたほど、ほとんど確実にソプラノじゃない私。高い音はそれなりに出るけれど(コロではない)、低い音も得意だし、多分声帯が低い声向きだからだろう。といって、じゃあ低いほうの音域を美しく出せるかというと、それもあんまりできない(地声になる)。
どうすりゃいいんだろうね。
今日高いほうが出なかったのは、発声不足と、あと最近アルトしか歌ってないからそもそも訓練が足りてない、腹筋も足りてないからだ、ってのはわかっている。でも、じゃあソプラノの訓練をもっとすればいいじゃない、となるのか、ソプラノは向いてないからアルトやメゾに特化したほうがいいのか…一体どうしたらいいんだろう。
それもこれも高校の同期で高い音が出せるのが私以外いなかったからでありましてね><

とりあえず、3年から始まる声楽のレッスンの先生次第ではある、と思う。
そこで完全にメゾ・アルト判定出されたら…先ー生ーに相談だ。


おかんが寝ろってうるさいので寝る(もちろん今実家です)。おやすみりん。

テーマ : 合唱あれこれ
ジャンル : 学問・文化・芸術

tag : 合唱 発声

2010-12-23 : 長良 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

♪ 演奏会のお知らせ ♪

今日ははもたまの練習でした。かぜっぴきでしたがわしが後半練習仕切らなあかんかったので行ったよ。
明日は長良。


というわけで演奏会のお知らせ。

長良合唱団 2010 クリスマスコンサート
1.グレゴリオ聖歌
Hodie Christus natus est
Ave Maria
Sanctus

2.クリスマスキャロル
まき人羊を、きよしこの夜、荒れ野にみ使い、神の御子は今宵しも、もろ人こぞりて、O Holy Night

3.ゲスト合唱団

4.クリスマスソング(劇?)
さあ、かざりましょう、もみの木、ジングルベル、あわてんぼうのサンタクロース、赤鼻のとなかい、White Christmas、O Holy Night

5.ポピュラーソング
Pie Jesu、Time to say goodbye

場所:岐阜市文化センター 小劇場(JR岐阜駅から歩いて5分くらい。)
日時:平成22年12月23日(木祝) 午後2時?3時半
指揮:澤島富雄
合唱:長良合唱団

というわけでいつものメニューにポピュラー2曲が加わって私は大変です。
ですがこれポピュラーなのか…? Time to say goodbyeとか題名こそ英語だけど中身イタリア語やぞ。
あとPie JesuがWebberという方が作曲されているので調べてみよう。あのウェーバーとは違うのよね?
wikipe
ウェーバーじゃなくウェバー(ウェッバー)でした。現代の方ね。
ほう! オペラ座の怪人を作曲されているのね。あとキャッツも。
なるほど、ミュージカルの方なのですね。
で、音源ですが…今実家なんだけど音が鳴らない。なので割愛します。
まあ、オペラ座の怪人とかキャッツのあれとかみんな知ってるよね。でもほんとは個人的に珍しい音源とか捜したかった。ま、いずれまた。


明日長良行けるかなあ…いけたらいいんだけど無理かもなあ…。

テーマ : 合唱あれこれ
ジャンル : 学問・文化・芸術

tag : 合唱 演奏会 ミュージカル

2010-12-18 : 長良 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

実家なう。

今日はいろいろありました?。
まず長良! クリコンに出ることにしたので練習に行ってきました。
といっても先生はいなかったので名前を売ることはできず…
親には「もう行くのやめやあ」と言われているんだけど、やっぱり将来作曲家になりたいんだったらできる限りいろんなところに名前を売っておくべきじゃんね! たとえ、ただで作曲・編曲させられることがわかりきっていても…(涙)。いいの、道はそういう地道な努力の末に開かれるものだから。
で、知らない曲が2曲ほど。それを練習したり、知ってる曲を先輩と練習したりしました。今年は出られる人が12人と少ないので、がんばらねば。
今日チラシをもらってきたので、演奏会の詳細はまた後日記事にしますね。

それから、親と新PCの物色に。しかし、最近のPC専門店や家電量販店ってパーツ取り扱い専門になってるのかしら?
パソコン一般板で調べてみたところ、今は家電量販店は初心者向けだったりして、ある程度の人はネットなどでメーカー直販で買うことが結構多いみたい。上級者は自作だけど。
というわけで後で調べてみようと思います。今のところNECかな? と思っていますが、皆様、国内メーカーPCでお勧めのメーカー・PCはありますでしょうか。よろしければぜひ教えてくださいませ。
ただ、今のfinaleは2008なんですけど、どうやら2008はWindows7での動作確認はされていないらしい…もし動かなかったらバージョンアップやむなし、かもしれません。せっかくマニュアル買ったのになあ。

その後、車で事故未遂が起き、車の壁にぶつかった私のメガネフレームが破損、、、好きな服ブランドロペピクニックで買ったフレームだったのに。でも1995円の安物だったからまあ、そんなもんか。
というわけでキクチで新フレーム購入。予想外の出費。おとうはうれしそうだったのでまあいいんでしょうが。でも相手の車にはぶつくさ言ってた。
で、メガネはやっぱりキクチだねーという話に。安物は全然合わないそうな。確かに私もフレーム変わったらメガネの度数が変わった!(※レンズはまったく一緒です)それだけ前のフレームが顔に合ってなかったってことなんやろうな。前のメガネは、あれ、こんなに弱かったっけ? それとも私が目ぇ悪くなった? ってくらい度数が弱い感じしたもん。今回フレーム変えてきちんと見えるようになったのでよかったよ。


明日は長久手に帰ります。

テーマ : 合唱あれこれ
ジャンル : 学問・文化・芸術

tag : 合唱 買い物

2010-12-12 : 長良 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
ホーム  次のページ »

スペック

まつい

Author:まつい

フリーで作曲・指揮をしております。
ベルソンピアノコンクール演奏会編曲家
 >>facebook

□■ 初演・再演情報 ■□
 16/01/15new
□■演奏会情報■□
 16/04/01new
□■ お仕事募集中!■□
□■ 教えられます ■□


↓むかし↓
愛知県立芸術大学音楽学部音楽科作曲専攻卒業
四日市市民オペラ「椿姫」副指揮者
三河市民オペラ「トゥーランドット」副指揮者
オペラ工房元副指揮者
名古屋音楽学校作曲科元受講生
混声合唱団名古屋大学コール・グランツェ28期OV
(名古屋大学文学部人文学科日本史学専攻近世史研究室卒業)
長良高校コーラス部平成14年度卒業生

カウンタ

since 2009/01/01

ブログランキング

こいつ、できる…! と思われた方、↑クリックよろしくお願いします。

タグクラウドとサーチ

> tags
編曲 ベートーヴェン コンクール オーケストラ 合唱 クラリネット アニメ 作曲 宗教 ミュージカル ネタ 弦楽器 指揮 ジャズ 演奏会 オペラ 初演 おんがく・むじか 病気・健康 旅行 俳句 短歌・俳句 カラヤン ビゼー プッチーニ 声楽 歌曲 フーガ 仕事 ソルフェージュ 対位法 和声 楽典 木管楽器 写真 金管楽器 電子音楽 ToDo 自作品 近藤先生レッスン 漫画 現代音楽 青少年音楽入門 バーンスタイン 絶対音楽 料理 日本音楽 管楽器 洋楽 自作作品 副指揮 レシピ 日本史 政治経済 ストコフスキー 音源 バッハ オーケストレーション 買い物 楽譜 オケストレーション ヒナステラ EL&P 世界史 尺八 吹奏楽 ポルナレフ 木下牧子 チンクエッティ クイーン フーファイターズ レッドホットチリペッパーズ レディオヘッド 音楽学 音楽史 ドイツ語 パナムジカ メンデルスゾーン サックス シュワントナー ディーリアス 岐阜 ホヴァネス ピアノ オッフェンバック ブルックナー ラフマニノフ バルトーク ラッヘンマン 作品 オーディオ 弦楽四重奏 教職 ラヴェル 譜面 ブルッフ シベリウス パガニーニ サン・サーンス チャイコフスキー ヴァイオリン協奏曲 教育 アンダーソン デザイン 日本語 ガーシュイン ブーレーズ 打楽器 日本音楽コンクール イベール 外国語 ドヴォルザーク 指導法

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QRコード