青少年音楽入門とか、マエストロ稽古とか

吉住さんにDVDをお借りする。
ひとまず4まであるうちの1を見ました。
それと今回のマエストロ稽古でも思ったのが、音楽それ自体が持つ力というか、エネルギーということ。

今回のマエストロ稽古では、歌詞やドラマのことにも言及されはしたんだけど、それ以前に、音楽的な基礎的なことも結構やった。
つまり歌詞が入る以前の、音楽だけで演奏した(歌った)時に出てくる問題を解決したというか。
具体的に言うなら、3拍子の3拍目が遅いとか、入りが遅いから準備をきちんととか、声の出し方とか(私はあれは要するにお腹が使えてないってことじゃないかと思ってるんだけど)、長い音価と短い音価が等しい音量ではないとか……。
それは、つまり、音楽それ自体が持つ力をトレーニングした、ってことなんだと感じる。

青少年音楽入門。ストーリーや意味は音楽の添え物に過ぎない、というお話。
つまり(オペラですら)絶対音楽と考えることができる、という説。
今回だけでは歌詩の付いた音楽(歌)はどうなのかって話にならなかったから何とも言えないんだけど。

私個人は、より音楽の持つ意味性を重視しすぎて、↑の音楽それ自体が持つ力ってのを忘れかけてた状態かもしれん。
振り返ってみるとグランツェでセミナーやってた頃からかなあ、意味とか歌詩のことを重視し始めたのは。
そこに作曲を始めて、曲を書く動機(音楽用語でない方の意味)ってのを重く考えるようになったというか。
でもバーンスタインは、それはきっかけに過ぎず、音楽の本質ではないと語る。
はやぶさも、震災も、まどまぎも、きっかけに過ぎないってわけだ。

だけど、じゃあ絶対音楽が苦手なのか? というと、必ずしもそうじゃないような気がする。
その根拠が、私が合唱においては外国語曲が好きだということ。
外国語曲だと歌詩の意味が入ってこないから好き、ってのもあるだろうし、外国語曲が持つ日本語曲にはない音楽性が好き、ってのもあるんじゃないかと思う。
これは明らかに合唱曲を絶対音楽として捉えている。んじゃないかな。

けど問題はそこから先で、じゃあ絶対音楽的なリハーサルが私にできるのか? というと……
正直、私は歌詩から音楽を作っていくタイプなので、音楽から作っていくのは苦手だと思う。苦手というか、経験値が浅いというか、引き出しが少ないというか。
どうやって経験を積むか? ということを考え行動できるほど今は余裕がないけれども、将来的にオケを振る可能性を考えると、やっぱりどっかできちんと勉強しなきゃな、と思う。
まあ……私がオケやオペラの本棒をやれるような器かどうかは知らんが。


B氏:クラシック音楽と平和主義とは共存し得ない
かあ。面白い観点だし、結構理解できるかも。
音楽それ自体が、とまでは言えないかもしれないけど、音楽なんかやってる時点で裕福だし、音楽なんかやってる時点でやってない他人に犠牲を強いているのだなあとも思う(親に苦労をかけるとかそういう次元ではなく)。
別にそれで自虐的になったり音楽を辞めたりはしない。誰かの犠牲や苦しみ無しに自分が成り立つことはあり得ない。

ああ! 何か大阪に行きたくなってきた。
いろいろご相談したいことがある。
だけど時間が取れないし、曲も書けてない、、、
うむ、でも、考えよう。どうにかしよう。来月だ。
スポンサーサイト

テーマ : オペラ
ジャンル : 音楽

tag : 絶対音楽 青少年音楽入門 バーンスタイン オペラ 指揮 ベートーヴェン

2013-07-25 : オペラ : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
ホーム

スペック

まつい

Author:まつい

フリーで作曲・指揮をしております。
ベルソンピアノコンクール演奏会編曲家
 >>facebook

□■ 初演・再演情報 ■□
 16/01/15new
□■演奏会情報■□
 16/04/01new
□■ お仕事募集中!■□
□■ 教えられます ■□


↓むかし↓
愛知県立芸術大学音楽学部音楽科作曲専攻卒業
四日市市民オペラ「椿姫」副指揮者
三河市民オペラ「トゥーランドット」副指揮者
オペラ工房元副指揮者
名古屋音楽学校作曲科元受講生
混声合唱団名古屋大学コール・グランツェ28期OV
(名古屋大学文学部人文学科日本史学専攻近世史研究室卒業)
長良高校コーラス部平成14年度卒業生

カウンタ

since 2009/01/01

ブログランキング

こいつ、できる…! と思われた方、↑クリックよろしくお願いします。

タグクラウドとサーチ

絶対音楽
編曲 ベートーヴェン コンクール オーケストラ 合唱 クラリネット アニメ 作曲 宗教 ミュージカル ネタ 弦楽器 指揮 ジャズ 演奏会 オペラ 初演 おんがく・むじか 病気・健康 旅行 俳句 短歌・俳句 カラヤン ビゼー プッチーニ 声楽 歌曲 フーガ 仕事 ソルフェージュ 対位法 和声 楽典 木管楽器 写真 金管楽器 電子音楽 ToDo 自作品 近藤先生レッスン 漫画 現代音楽 青少年音楽入門 バーンスタイン 絶対音楽 料理 日本音楽 管楽器 洋楽 自作作品 副指揮 レシピ 日本史 政治経済 ストコフスキー 音源 バッハ オーケストレーション 買い物 楽譜 オケストレーション ヒナステラ EL&P 世界史 尺八 吹奏楽 ポルナレフ 木下牧子 チンクエッティ クイーン フーファイターズ レッドホットチリペッパーズ レディオヘッド 音楽学 音楽史 ドイツ語 パナムジカ メンデルスゾーン サックス シュワントナー ディーリアス 岐阜 ホヴァネス ピアノ オッフェンバック ブルックナー ラフマニノフ バルトーク ラッヘンマン 作品 オーディオ 弦楽四重奏 教職 ラヴェル 譜面 ブルッフ シベリウス パガニーニ サン・サーンス チャイコフスキー ヴァイオリン協奏曲 教育 アンダーソン デザイン 日本語 ガーシュイン ブーレーズ 打楽器 日本音楽コンクール イベール 外国語 ドヴォルザーク 指導法

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QRコード