スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

パリ写真UP忘れ

パリ写真でフォルダ1列分UPし損なっていたようです。
特に、UPしてALTコメントで「サブコントラバスサックス」と言ってた写真は偽物で(じゃあ何だったかは覚えてない)、今日の写真が本物です。ご迷惑をおかけしました。

リコーダーとフルート。フルートがほんとに木製で不思議!
リコーダーたち

ヴィオール族だと思うが自信がない。
多分ヴィオール族

クラリネット達。
クラ

オシャレなデザインのサックスですがうまく写ってないね……。
ここからサックス

ソプリロサックス。小ささが伝わらない! 小さいの、ほんとだよ。
ソプリロサックス

こちらが本物のサブコントラバスサックスです。これは人物と比較して大きさが伝わりやすいと思います。
こっちが本当のサブコントラバスサックス
吹けねーよこんなの……。足とか使うのかな?

多分この辺からサックスホルン。私は存在を知らなかった。
これこそがサックスホルンだと思う

これもサックスのところに飾ってあったからサックスの類だと思うが何だか忘れてしまった。
えっじゃあこれはただのホルン……じゃないよな?

以上、UP抜けでした~。


今日は実家でフランスの土産話をしてきました。
明日はバイトの研修です。
スポンサーサイト

テーマ : 雑記
ジャンル : 日記

tag : 旅行 写真 木管楽器 弦楽器

2014-03-20 : 由無事 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

パリに行ってきました。

3/1~7までパリに行ってきました。
初日は移動日。
セントレアは経験あったけど自分で飛行機乗って海外行くの初めて。
もちろんヨーロッパ初体験。
後輩と同行したのだけどほとんど後輩にまかせっきりでした。

仁川から12時間もフライト時間があって、曲書けばよかった。

空港からバスに乗ってオペラ座のガルニエがあるところまで行き、そこからメトロ。
メトロの最寄り駅からホテルまで歩いて20分、、、これが疲れました。

でも翌日からは、ホテルのすぐ傍にバス停があることがわかり、そこを利用することに。
バス停からリオンに出て、そこからルーブル美術館へ。
美術館駅は閉鎖されていたので、1個次の駅から歩きましたが、そこがまた面白かった。公園がとっても綺麗で。
でも撮った写真は都合により破棄、、、しょぼん。

ルーヴルはたまたま第一日曜で無料の日でした。
だからものすごい混んでました。

ルーヴルの作品
これはルーヴルの中世画コーナーの作品。美術館内撮影Okなのです。フラッシュはだめだけど。
キャンバスが四角くないのが面白くて。

でも、私は作品撮るよりも景色撮る方が好き。
美術館の窓から外を望む。
ルーヴル窓から
日本人もたくさんいて、女子大生っぽい子たちが「絶景じゃーん」と言って撮ってました。

外に出て、入り口の門とエッフェル塔を写す。
よい景色。
ルーヴル入り口の門とエッフェル塔

ルーヴル入り口はトライアングルになってて、そこから地下に潜り込むのです。
ルーヴル入り口のトライアングル的な何か

ってな感じでルーヴル終了。
駅まで歩く途中のお土産屋さんに口八丁手八丁でたくさんお土産買わされた。日本語できる店員さんで感動しちゃって、、、
でもこれでほとんど後日買う必要が無くなったのがよかった。

翌朝のホテル。
ホテルの窓からセーヌ川を望む1
セーヌ川です。
ホテルの窓からセーヌ川を望む2
ホテルからの眺めもなかなかよかったです。

3日目は作曲のためホテルに引きこもると決めていました。(ダメ人間)
今思うとこの日が一番疲れた……なぜだ……って、やはり動き回った方がいいよね。健康になれるから。
でも曲は進みましたよ。サックスカルテットです。

4日目はドビュッシーのおうちがあるサンジェルマン・アンレイまで行きました。
パリから電車で40分。
この電車というのがRERといって、メトロとは違うJR的な存在。
RER車両
鉄子としては車両写真を撮るべきよね。(乗り鉄ですけど)

サンジェルマン・アンレイは観光地だけど、パリとは違って小綺麗な感じ。
パリを東京とすると……関東を知らないので、パリを名古屋とすると、岐阜みたいな感じ。(←ドヤ顔)
同じ愛知県内だと、そうねえ、日進みたいな感じかしら。

サンジェルマン・アンレイ駅から徒歩3分でドビュッシーのおうちに。
ドビュッシーのおうち
でも14時から開館だったのでそれまで時間つぶしに村巡り。
その日たまたまマルシェが午前中やってて、それ目当てに歩き回りました。
これはマルシェの駐車場。
サンジェルマン・アンレイの駐車場

そこから歩いてすぐマルシェ。
サンジェルマン・アンレイのマルシェ
素敵だったー!
蜂蜜とお茶を買いました。
まるごとの七面鳥が売ってたり、おいしそうなスープのお店があったり、でっかなクイニーアマンがあったり……

マルシェの後は散策。
史跡を回ったりしました。
坂道からの風景が素敵でパシャリ。
サンジェルマン・アンレイ坂道より1
サンジェルマン・アンレイ坂道より2

などと回っていると駅前に戻ってきました。
サンジェルマン・アンレイ中心部
サンジェルマン・アンレイ駅前と教会

そんでお昼食べてドビュッシーの家に。
あ、ドビュッシーと言えば像がありました。
ドヤ顔のドビュッシー像
有名人を輩出した村、いいなあ……。

ドビュッシーのおうちでは新潟大学の学生という方と出会いました。
彼女も作曲だそうな。
ノートにも音大出身っぽい子たちがたくさん書いてて、やっぱ音楽スポットなのだなあ、と。
自筆ファクシミリ、デスマスク、燕尾服などがあって、ちっちゃな博物館だったけど面白かった。

……さて、実は、その日の夜オペラ座のバスティーユでマダムバタフライを観る予定だったのですが……
当日券でいいよねと思っていたら人多すぎで売り切れてしまっていたようで、、、
開演5分前になっても列が全然はけなかったので、諦めました。
ほんと悲しい。
代理店使うと高いから当日買うといいよ、と言われていたんだけど、、、
せめて英語サイトで予約でもすればよかった。切ない。ううう。

翌日はブリュッセルに向かいます。
久田と合流です。
何の塔か忘れた
セーヌ川を
いつもリオン駅を使っていたけどこの日は別の駅を使った。けど何て名前の駅か忘れた……その駅近くから。

で、パリ北駅に向かいます。
北駅から高速列車のタリスに乗ってブリュッセルへ。
北駅は東京駅のようなカオスで我々もなかなかに迷いました……
しかもタリス思ったより遥かに高かった。片道99ユーロだから日本円で計算すると東京―名古屋の新幹線よりも高い。
持ち金が無くカードで、、、
でも着くのはあっという間。

ブリュッセルで久田と合流。
思ったほど太ってなかったけどやっぱり妊娠5ヵ月だった。
ブリュッセルミディ駅から楽器博物館まで歩くことに。

その途中の大通り。
ブリュッセル駅からすぐの通り
写真の撮りがいがあるわよね。

これは何の像か忘れたけどブリュッセルの駅近くの何か。
ブリュッセル駅前の何かの像

これは楽器博物館近く。ヤマハがあったw
ブリュッセルの素敵な何かの建物

ブリュッセルはこぢんまりとして観光向けのお店もいっぱいあって楽しい。
ブリュッセルの大通り

こういう商業施設的な建物も素敵なたたずまい。
ブリュッセルの商業施設的なところ
メアリーチョコレートがあった。わしがバレンタインで毎年お父ちゃんにプレゼントしてるやつだ。

で、少し横道に入ったアジアンストリート的なところでお昼ご飯。
といっても洋食屋さんだったのですが、とにかくフランス来てからコース料理を1回も食べてなかったので、コースでないにしろ複数セットのご飯を食べれて嬉しかったです。
前菜・メイン・デザートって感じ。ドリンクは別。
ドリンクはフランボワーズビールを、デザートはチョコがけさくさくワッフルを食べたので、これだけでブリュッセルに来たかいがありました(笑)
久田が客引きのおにーちゃんに引っかかってくれたから出会えたお店なのよね。ありがと久田。

そしてついに楽器博物館に。
以下は大量の楽器写真。altのコメントも見てね。
楽器博物館ラッパ族?
楽器博物館ラッパとクラ
楽器博物館オフィクレイド
楽器博物館、ホルンの仲間?
楽器博物館なんだっけ……
楽器博物館ファゴットもあるよ
楽器博物館何だか忘れた
楽器博物館ワーグナーテューバ
楽器博物館リード楽器
楽器博物館グラスハーモニカ(だっけ?)
楽器博物館これはヴィオール族?
楽器博物館ダブルリード
楽器博物館ナチュラルホルン……ホルンだよな?
楽器博物館ナチュラルトランペット
楽器博物館弦楽器
楽器博物館出た!バスバイオリン!
楽器博物館サックスホルンかな?
楽器博物館なんだろう
楽器博物館すごいサックス
楽器博物館これもナチュラルラッパかな?
楽器博物館この辺サックスホルンか、まさか?
楽器博物館サブコントラバスサックスでかい
サックスフェアしてたのにサックスの画像少ないな、、、
サックスホルンとか初めて見た。

帰り際に萌え広告を見かけました。
こーゆーの外国で見ると嬉しくなるよね。え、私だけ?
ブリュッセルの萌え広告

6日目7日目は完全に移動日。
帰りの飛行機は12時間ほとんど寝ましたが、我々の隣に座ったお姉さんが日本人で、日進在住とのこと。
とっても素敵な方で、パリのご飯屋さんは調べないと美味しいところにたどり着かないとか、サンジェルマン・アンレイはとっても治安がいいとか、東山公園のヨガのお店や蜂蜜のことなどいろいろ教えてくださいました。
名刺交換までしちゃったよ(笑)
これで東山公園に行く楽しみが増えた!

というわけで旅行記でした。
あと卒業できるみたいです。おめでとうございます。ありがとうございます。

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

tag : 旅行 写真 金管楽器 木管楽器 弦楽器

2014-03-09 : 由無事 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

戦利品

ヤマハ行ってきた。逃げられなくて済んだ!!!


・Flute music by French composers
・牧子『地平線の彼方に』
・イタリア歌曲集中声用(「ちゅうせい」で中声が出ない……)
・荻久保さん『光と共に光の中を』
・ベルリオーズの管弦楽法

フルートは後期ピアノの伴奏のため。
牧子は金2の吹奏楽編曲のため。
イタリア歌曲集は後期の声楽授業のため。
荻久保さんは日本語フーガを勉強するため。
ベルリオーズは言うまでもなし。

ペンライトと指揮棒も買いたかったけど、ペンライトは取り扱いしておらず、
指揮棒は時間が無くて吟味できず結局次回に……
なんかね、短いけど柄がそれなりに大きい、ってやつがほしいんだけど、無いんだよなあ。
やっぱもう1本同じのを買って、それを切るか……でももっと安い奴で試すか……迷う。
あと、切るんだったら切り口をやすりかけてニス塗って、とかちゃんとしたいね。やすりもニスも実家にしかないけど。塗装はガンダムマーカーしかないから多分無理だな(´・ω・`)

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

tag : 指揮 歌曲 編曲 合唱 オーケストラ 木管楽器

2012-09-19 : 由無事 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

2011芸祭オペラ & 作楽2011 & 音出せ!こんぴっぴ!2!

芸祭3日間をざっと。


まず芸オペ。
2日前から仕込みをしていた。
一つの舞台を作り上げるのに、こんなに手間暇かかるんだなあ。こんなにかかる舞台は初めてだ。
舞台ってすごい! たった1時間半のために、数え切れない人々が命かけてる。
いろんな勉強をした。楽しいってこういう感覚なのかな! わかんないけど!
他の皆さんがとても大変そうだった。
当日私はオケ控え室の鍵の管理係に過ぎなかったけど、なぜか極度に緊張した。
評判は上々みたい。美術が褒められてた!
うーんまとまりのない文章。
自分が出演しない舞台に関わったのは初めてかも。出演しないって全然、ありだわ。
作楽のため反省会は行けず。


作楽。
15:30から合わせだったのでみんなの演奏はあまり聴けず。
いろいろあったけどこのメンバーで演奏してもらえて嬉しかった!
曲が調性なしなので客受けは悪かったと思うが、私にとっては最高の演奏でした!
って直接言えってね。はは。またCDできたらお礼に伺いまーす。
あとねー、やっぱ木管好きだわー。また木五書きたいなー。


こんぴっぴ。
ところ氏の曲だけ聴いた。りーおさんが「うんこうんこ」歌ってたのが印象的(そこかい……)。
我々の出番の前は結構押したみたいで、待ちました。
演奏はわりとよかった印象。相変わらず指揮に夢中で演奏のできはわからず……。
とりあえず指揮はほめられました。すみません恐縮です。
曲や演奏に関する評価はどうだったんだろう。個人的な感想は「やっぱ中リハだったらよかったのにー」かな。
お客さんは何を感じたのかな。


皆様、ありがとうございました。お疲れ様でした。
今、風呂入って無くて頭が痛いのでちょっと休みます。

続きを読む

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

tag : オペラ 演奏会 作曲 木管楽器 合唱

2011-11-06 : 県芸 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

先週末からのことを羅列

また羅列っす。芸オペ終わるまでは記録日記になりそうだ。


先週末
実家に帰りました。お母ちゃんの誕生日を祝いました。
そーいや長良のはがきを返信した。今年最後だし出ようと思う。

日曜日
寝てた。夜にパート譜チェック。完徹。つばさに手伝いを請うた。

月曜日
授業に行けず。たけちゃん&ロムアルドごめん。放課後は稽古。

火曜日
ねる

水木
オケ練。あと繰り返しの合わせ。木五の面子がいい子ばかりで癒された。みんな可愛いし。
あとまどまぎの話が通じて嬉しかった。女の子で知ってる人が作曲以外にいるとは思ってなかった。と思ったけど歌にヲタ多いか……・。
オケ練はいつもより少し忙しかった。
吉住先生にグリッサンドとポルタメントの違いを教わる。教わるっていうか、とりあえず彼の認識と私の認識が同じでなんかよかった。私の認識がマイナーだったり通じないような認識というわけではないのがわかって一安心。


というわけでバルトーク。
wikipe
おー、wikipeが姓名順に表記してある。嬉しい。
……なんかいろんなページを読みふけっていた……
個人的には、合唱でおなじみのバルトーク。コダーイの友達のバルトーク。中国の不思議な役人のバルトーク。
それにしてもヨーロッパ人は本当に大変だ。すぐに戦争・革命・内戦が起こって亡命を余儀なくされる。生まれてから死ぬまで外国に移住せずにいた作曲家って、今まで調べた中で一人くらいしかいなかったように思う(誰かは忘れた)。あ、まあ、「せざるをえなかった」と「しようと思ってした」を混同してはいかんが。でもそういう世の中だから、愛国心や故郷への思慕が重視されるのも当然のことだ。
難しいね。と思ったけど別に難しくないかも。
まあいいや。音源ね。

吉住先生にこれの第5楽章のボントロがgliss.かport.かどっちで書いてあるか調べてみなよ、と言われたのにIMSLPに楽譜がございません。仕方ないので今度スコアを買いに行こう……。

なにこれかっこいい!!

これがルーマニアか。

こういう使い方は好み。
弦がやけにざらざらしているがこれは録音の音質によるものか?

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

tag : 音源 バルトーク オペラ 木管楽器

2011-10-28 : 芸オペ(オペ工) : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
ホーム  次のページ »

スペック

まつい

Author:まつい

フリーで作曲・指揮をしております。
ベルソンピアノコンクール演奏会編曲家
 >>facebook

□■ 初演・再演情報 ■□
 16/01/15new
□■演奏会情報■□
 16/04/01new
□■ お仕事募集中!■□
□■ 教えられます ■□


↓むかし↓
愛知県立芸術大学音楽学部音楽科作曲専攻卒業
四日市市民オペラ「椿姫」副指揮者
三河市民オペラ「トゥーランドット」副指揮者
オペラ工房元副指揮者
名古屋音楽学校作曲科元受講生
混声合唱団名古屋大学コール・グランツェ28期OV
(名古屋大学文学部人文学科日本史学専攻近世史研究室卒業)
長良高校コーラス部平成14年度卒業生

カウンタ

since 2009/01/01

ブログランキング

こいつ、できる…! と思われた方、↑クリックよろしくお願いします。

タグクラウドとサーチ

木管楽器
ベートーヴェン オーケストラ コンクール 編曲 合唱 クラリネット アニメ 作曲 宗教 ミュージカル ネタ 弦楽器 指揮 ジャズ 演奏会 オペラ 初演 おんがく・むじか 病気・健康 旅行 俳句 短歌・俳句 カラヤン ビゼー プッチーニ 声楽 歌曲 フーガ 仕事 ソルフェージュ 対位法 和声 楽典 木管楽器 写真 金管楽器 電子音楽 ToDo 自作品 近藤先生レッスン 漫画 現代音楽 青少年音楽入門 バーンスタイン 絶対音楽 料理 日本音楽 管楽器 洋楽 自作作品 副指揮 レシピ 日本史 政治経済 ストコフスキー 音源 バッハ オーケストレーション 買い物 楽譜 オケストレーション ヒナステラ EL&P 世界史 尺八 吹奏楽 ポルナレフ 木下牧子 チンクエッティ クイーン フーファイターズ レッドホットチリペッパーズ レディオヘッド 音楽学 音楽史 ドイツ語 パナムジカ メンデルスゾーン サックス シュワントナー ディーリアス 岐阜 ホヴァネス ピアノ オッフェンバック ブルックナー ラフマニノフ バルトーク ラッヘンマン 作品 オーディオ 弦楽四重奏 教職 ラヴェル 譜面 ブルッフ シベリウス パガニーニ サン・サーンス チャイコフスキー ヴァイオリン協奏曲 教育 アンダーソン デザイン 日本語 ガーシュイン ブーレーズ 打楽器 日本音楽コンクール イベール 外国語 ドヴォルザーク 指導法

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。