かなめさんとランチ!

おいしかったですのう^ω^ ありがとうございました!!

ヤマハに行った。戦利品
・ボエームのヴォーカル譜
・タンホイザーのヴォーカル譜
・山本邦山楽譜
・CD
・ヴァイオリン曲集を2冊
しめて25,000円なり……また本棚が無くなる……
あとはベーレンマタイのヴォーカル譜とスコアを予約しました。あれ、お金が足りない……?
ちなみにベーレンマタイスコア、でっかいやつは2万近くするそうな。さすがに恐ろしいのでちっちゃいのにしましたとさ。ベーレンは高いのう。

そして荻久保さんのフーガを買うの忘れた(´・ω・`)
まあ明後日また行くからいいんだけどね。


今日ラジオ聴いてたら、どうやらメンデルスゾーン合唱曲があるらしい。
メンデルスゾーンと歌って結びつかなかったけど、気になるのう。
Panamusica
Psalm 115 Non nobis Domine Op.31
Paulus Op.36 (ベーレン以外からも出てます)
3 Motetten Op.39
6 Lieder Op.41
Der 42 Psalm Op.42
Der 114 Psalm Op.51 (Da Israel aus Agypten zog)
Lobgesang Op.52 (Symphony No.2)
3 Motetten Op.69
Elias Op.70
Verleih uns Frieden gnadiglich
Kyrie in A

あら結構書いてるわねえ。
ていうかエリアのこと忘れてたよ……。
このうちどれがオケ付きなのかはあんまりよくわかんないけど(交響曲2番とエリアってことはわかるんだけど)。
あ、詩編42もかな? あとパウロ(でいいのん?)もか。150分ってすげえーな。

そーいやここ最近、「まついはメンデルスゾーン聴くべきである。」と思ってたんだった。
(単にヴァイオリンコンチェルトが頭から離れないだけなんだけど。)

wikipe
ユダヤ人だったのかー。知らなかったぜ。
>それまで古い楽曲を演奏する習慣のなかった音楽界
流行音楽って感覚だったのかもねー。
なるほど合唱団にいたのかあー。
フリッツ親父がフリードリヒ何世なのかわからないぜ(´・ω・`) ←2世でした。


音源貼ろうと思ったけどだめだー、今日は頭(目?)が痛い。これにて。
スポンサーサイト

テーマ : 合唱あれこれ
ジャンル : 学問・文化・芸術

tag : メンデルスゾーン 合唱 パナムジカ

2012-04-04 : 由無事 : コメント : 2 : トラックバック : 0
Pagetop

鼻が

おかしい……
おそらく原因は寝ぼけて鼻にティッシュを突っ込んだまま寝たためだと思われるが……
それとも今日は花粉が飛んでいたのかしら。


水曜日は卒演でした。
作曲の先輩の曲ももちろん面白かったけど、特に歌曲について勉強になった。
あとはマリンバの早弾きに感動したりなど。
これがただってすごすぎると思う。

あと昨日は卒業式。花束を渡したり製本したり。
先輩の卒業式に大学に行くって初めて。(ていうか大学の卒業式出たことないわ私)

来週はハモたまいけますように。


昨日買った春祭を聴く。
やっぱ調性がないと歌いづらいな。
今書いてる木管五重奏も調性感は薄いので、割としっくり聴くことができました。
というわけでストラヴィンスキー。
wikipe
なんかシャネル&ストラヴィンスキーを見るべきなんじゃないかと思える。映画ではだめ男らしいけど。
調性的なセリー音楽だって! ひょっとして春祭にも調性あるのかな……ひえええ。
春祭は聴いたので他の曲。

ヴァレリーゲルギエフって聞いたことあるなと思ったら指揮者だった。
やっぱCDで聴くより動画で見た方がどの楽器がどの音かわかって勉強になる。(というか聞き分けられないのよ……大太鼓とティンパニとか)
ゲルギエフさん、えらい手首くにゃくにゃやけど、こんなもんなんかね。
ってしかもオケを手振り!? すげーな。

なんかあまり動画がない……

パナムジカる。
Ave Maria
3 Sacrae Cantiones
Mass
Pater noster
いっぱいある。

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

tag : 音源 ストラヴィンスキー パナムジカ

2011-03-26 : 県芸 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

朝日は諦めた。

なんつーか、5日で組曲とか無理じゃああというのもさりながら、この5日で私は仕事を片付けた方がいいんじゃないか? と思ったのもある。あと医者が(^ω^;)みたいな顔したってのもある。
まあ仕事は終わってないけどな!
いずれにせよ、次に書く曲は木管五重奏。むかしA田先生の後輩が出てる演奏会に行ったっきりで、あんまりわからないってのがあって、イメージがわいてこない。弦四ならすぐに出てくるんだけど……
というわけで、ヤマハでモーツァルトの木管五重奏だーって楽譜見つけて買ったらなんと、フルートなしのピアノ付きだった。えええええ! 確認すればよかった、でも閉店間際だったんだよぉぉ……

で、Barberさんを聴いたんですけども。

思い出すのは、DTM時代。歌があり、きらきらっていうチェレスタがあり、ピチカートがあり、バスがあり……その感覚だよ、その感覚。あれだ、旋律的になっていくと思いますが、でも楽しくなりそうな気がしています。
ああー! DTMDTM!

音域確認せにゃ。


よし、つかめてきたつかめてきた!!


じゃあ今日はばーばー。
wikipe
以前もったんにCDを借りたんだけど、今はPCの中にしかいなくて、PC(ディスプレイ)のスピーカーが実にオワコンなので、いつかヘッドホンを買って聴こうと思う。
いつも合唱聴いているので弦楽。


弦楽のためのアダージョとカンツォーネ多すぎ!
歌も。


久々にパナムジカる。
Complete Choral Music
Reincarnations
Agnus Dei (from"Adagio for Strings"op.11)
英語か。

テーマ : 作曲
ジャンル : 音楽

tag : 作曲 合唱 弦楽器 バーバー 音源 木管楽器 歌曲 パナムジカ

2011-03-11 : 由無事 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

対位法、、、

昨日から池内友次郎の本を読んで復習してますが……えと……授業で習ったのと違う……違いすぎる……
いや、大筋は同じかも知れないけど、でも1小節に和音を1つ当てはめるとか、そんなんやらんかったし! ってことが多い。先生か? 先生のせいなのか? まあでも人のせいにするのはやめて自分のせいということにしておこう。
というわけで、このテキストと復習のおかげで今までより相当いい曲(インベンション)が書けそうです。とはいえ、時間あるだろうし実習もしたい。次大学に行くの火曜日なので、2限頃行ってピアノのレッスンの後16:30までばばーっと対位法やろう。
今日は明日のオーディションの練習(っつーか、声出しできないから音源を探して聴くだけですが)、明日と明後日と月曜日は変奏曲。十二音技法のインベンションの方に取りかかってもいいけど、、、
何にせよ、まだ1ヶ月も時間があるというのは幸せなことだ。頑張ろう。
次の締め切りは1/11です。

あれ、オーディションの話したっけ(・▽・;) バイトで聖歌隊を始めることにしました。あまりにも歌う機会が少なすぎるからね。声楽のレッスンは3年生からだし。
明日のオーディション、三国伝アニメ見たら即家出て、課題曲はモーツァルトのAve verum corpusとマスカーニのAve Maria. モーツァルトの方はいいんだけどマスカーニは全く聴いたことのない歌だったのでようつべで探索。ていうかイタリア語なんですけど……Ave Mariaって普通はラテン語だしょ、動画もラテン語が多いんだけどなぜこの会社ではイタリア語? ま、いいか。覚えるしかない。


今日はムソルグスキー。
wikipe
昨日ショスタコやったからちょっと勘違いしそうになったけど、この当時はまだロシア革命前なのね。だからまだロシアは帝国主義です。
なんか、えらい大変な人生を送っておられるね。順風満帆とはほど遠い……。

怖いよぉぉぉ多分ホラー番組なんかで使われるせいで怖いと思っちゃうんだろうね。

でも、思ったよりは個性的じゃない。とっつきやすくてよかった。いや、変わった曲だと思ってただけにね。
個性的なのはそれはそれで面白いけど、なじみがあってよかったということです。
パナムジカる。
St.Nicolas Mass
40分と長いけど、面白そう。
いや禿げ山の合唱版を探したんだけど、、、

ついか
上の展覧会の絵、ラヴェル編曲のオケ版なのでピアノ版ものせる。

ピアノ版のキエフの大門のラストのくどくどしさが好き(笑)
オケ版も中華ドラ(なのか? 何シンバルなんだろう?)とかすごいけど、くどさが別の方向にいっちゃってる感じがして……(笑)

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

tag : 対位法 モーツァルト マスカーニ ムソルグスキー 音源 パナムジカ

2010-12-10 : 由無事 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

昨日のカデンツ

連続5度を発見。訂正。

カデンツ転調
C-D-G-Fis-E-D-Cis D-D-E-F-E-D-C
G-G-G-A - G-G-E  A-G-B-A-G-F-E
E-H-C-C - H-B-A  A-B-C-C-C-H-C
C-F-E-Dis-E-G-A  F-G-G-F-G-G-C

前半のテノール。減七が入りました。


ちまたで噂のオネゲルをようつべで聴く。交響曲5番。
この調性感の希薄さ、どうやったら出せるのかな。無調って言えるのかどうかはしらないが。
技法として、それこそ十二音技法だったり、全音音階やこんでぃみを使ったりするってことなのかな。
でもこの感覚はプーランクのオケで感じたことがあるので、私には馴染みの浅いものではない。よかった。
ヒンデミットとショスタコも探してみたいが、まずはオネゲル。

作曲という世界にいると、芸術音楽におけるあらゆるジャンルを探らねばならない。そういう環境にいられるのは幸せなことだ。
作曲という世界にいない人でもそういう人はいるけれど、「しなければならない」ではなく「したい」でする人が多かったりすると、偏っちゃうんだよね、知識が。

……そういえば、合唱界ってなぜか流行の作曲家って数人だよね。最近だとオルバーン、チルコット、ドブロゴス。(最近でもないか)
それが信じられないんだよなあ。世界にはもっと合唱音楽や合唱作曲家はいるはずなのに、出てこない。
あと、国内も出てこない。
だから、日本中の演奏会のラインナップが同じ作曲家ばっかりになってしまうんだろうなあ。

しぇいふぁあああああ!!

ほかのオネゲルも。
チェレスタを使うというこの感覚、私もまだまだ死んでいないと気付いた!
死ね! 死ぬ気で曲を書くということが、私の本質をさらけ出すと言うことだ!(福本的)
昔DTMをやってた頃のように、音色や音楽の選択に慎重であれ。

テーマ : 合唱あれこれ
ジャンル : 学問・文化・芸術

tag : 合唱 合唱練習プログラムメモ ネタ 音源 オーケストラ オネゲル フランス6人組 パナムジカ

2010-11-26 : ?→! : コメント : 3 : トラックバック : 0
Pagetop
ホーム

スペック

まつい

Author:まつい

フリーで作曲・指揮をしております。
ベルソンピアノコンクール演奏会編曲家
 >>facebook

□■ 初演・再演情報 ■□
 16/01/15new
□■演奏会情報■□
 16/04/01new
□■ お仕事募集中!■□
□■ 教えられます ■□


↓むかし↓
愛知県立芸術大学音楽学部音楽科作曲専攻卒業
四日市市民オペラ「椿姫」副指揮者
三河市民オペラ「トゥーランドット」副指揮者
オペラ工房元副指揮者
名古屋音楽学校作曲科元受講生
混声合唱団名古屋大学コール・グランツェ28期OV
(名古屋大学文学部人文学科日本史学専攻近世史研究室卒業)
長良高校コーラス部平成14年度卒業生

カウンタ

since 2009/01/01

ブログランキング

こいつ、できる…! と思われた方、↑クリックよろしくお願いします。

タグクラウドとサーチ

パナムジカ
ベートーヴェン オーケストラ コンクール 編曲 合唱 クラリネット アニメ 作曲 宗教 ミュージカル ネタ 弦楽器 指揮 ジャズ 演奏会 オペラ 初演 おんがく・むじか 病気・健康 旅行 俳句 短歌・俳句 カラヤン ビゼー プッチーニ 声楽 歌曲 フーガ 仕事 ソルフェージュ 対位法 和声 楽典 木管楽器 写真 金管楽器 電子音楽 ToDo 自作品 近藤先生レッスン 漫画 現代音楽 青少年音楽入門 バーンスタイン 絶対音楽 料理 日本音楽 管楽器 洋楽 自作作品 副指揮 レシピ 日本史 政治経済 ストコフスキー 音源 バッハ オーケストレーション 買い物 楽譜 オケストレーション ヒナステラ EL&P 世界史 尺八 吹奏楽 ポルナレフ 木下牧子 チンクエッティ クイーン フーファイターズ レッドホットチリペッパーズ レディオヘッド 音楽学 音楽史 ドイツ語 パナムジカ メンデルスゾーン サックス シュワントナー ディーリアス 岐阜 ホヴァネス ピアノ オッフェンバック ブルックナー ラフマニノフ バルトーク ラッヘンマン 作品 オーディオ 弦楽四重奏 教職 ラヴェル 譜面 ブルッフ シベリウス パガニーニ サン・サーンス チャイコフスキー ヴァイオリン協奏曲 教育 アンダーソン デザイン 日本語 ガーシュイン ブーレーズ 打楽器 日本音楽コンクール イベール 外国語 ドヴォルザーク 指導法

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QRコード