名古屋や東海地方で和声作曲を学ぶなら

名古屋・愛知・岐阜・三重など東海地方で楽典、和声、作曲などを学びたい皆様。
ご連絡いただければお教えしますよ^ω^
この記事のコメントでもいいですし、メールフォームからご連絡いただくのも大歓迎です。

【教えられます】
楽典
和声
作曲
対位法
フーガ
ソルフェージュ
声楽
合唱

指揮、はさすがに標榜できないわね^ω^; 私自身誰かにまだついてないからね。
しかしピアノが必要な科目が多いから、ピアノがある場所を探さないといけないのう。今池の芸音とか。
というわけで、ご自宅にお邪魔することもできますし(交通費も応相談)、名古屋の今池でレッスンすることもできます。
我が家(岐阜市)で教えるのは……でも電子ピアノあるから可能だな。

なお、レッスンにはちょっと及び腰……って方は、ご質問のみでも受け付けております!
画像添付の上でのご質問は、メールフォームにご連絡先メールアドレスを入力してお問い合わせください。折り返し画像添付可能なアドレスをご連絡いたします。
音源添付されたいという方は……どうしよう。多分私のメールアドレスで受け取れるはずだが……! まあその時々で考えましょう(笑)

その他募集中のお仕事はこちら
スポンサーサイト

続きを読む

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

tag : 作曲 和声 楽典 対位法 フーガ ソルフェージュ 声楽 仕事

2014-06-22 : about : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

でででっでででっでででっ……

星条旗の頭→威風堂々のT1につながってしまう私は変よね。
いやあ、調も一緒だし(私の聴いた音源は)、テンポも似てるから。
あーいーちきょういーくだーい→ラジオーの声にーー
と同じオーラと思ってくらさい。
ちなみになぜその曲かというと、今日の気ままにクラシックのきまクラどんで2曲が出てたから(2曲とも不正解例として)。正解はヨハンシュトラウスのワルツです。曲名は忘れました。


今日は初めて移動ドのソルフェに出ました。楽しいけど難しい。
私みたいなどっちつかずは本当にこの授業にいていいのか不安だけどね。


これにて。

tag : ソルフェージュ

2011-04-26 : 由無事 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

名古屋音楽学校の評判

名古屋音楽学校って、どんなところだろう? という方が多いようです。
なので、私の経験を語ります。


私は、最初の1年は作曲(・和声)、次の1年では加えてピアノとソルフェージュを受講していました。

作曲・和声。
私は秋田先生。けにちゃんも秋田先生だったからきっと今もまだ秋田先生だろうと思うが。
和声では見直しを怠って連続や並達をやっちゃうとむっちゃ怒られたな。そのおかげで1巻の後半には違反をほとんどしなくなった。あれは先生様々。
あとは、まだ1巻(バス課題)の頃から「ソプラノを動かす、歌う」ことをよく教えられました。
そのおかげで1巻ではまだ注意していなきゃいけない「配分一致」とかが既にめっちゃくちゃでやんの。でもそれをよしとする先生だった。
確かに、2巻になってソプラノ課題に入る前には、「動くソプラノ」を自分で生み出せるようにしとかなきゃいけない。じゃないとソプラノ課題で面食らうことになる。え、こんなソプラノありなの!? ってな。
その辺りも含めて、まだやっていない先の先のことまで先取りして教えてもらえました。2巻で和音変換の可能性とか、反復とか、非和声音とかね。
確かに和声って巻が進めば進むごとに楽しくなるね! と思えた。
作曲の方は、実は実質1年ちょっとしかやってない(受験前にってこと)。最初はベートーヴェンのテーマを与えられて変奏曲を毎週1曲ずつ書いてくるというレッスンでした。
彼の常に言っていること「右手と左手を分離させるな」古典派的な曲はやめろってことだと今では(も)認識していますが、まだなかなかクリアできない課題でもあります。
それが終わったらいよいよソナタ。こういう順番で教えられるのは結構珍しいみたいですね。県芸を受ける身としては後々かなり役立ちました。
言うことは結構厳しい先生だけど、でも愛されキャラだと思いますよ。ってなんか人のこと書くの恥ずかしいな。

ソルフェ。
田嶋先生に1年弱教えていただきました。グループレッスンでね。
最初は単旋律、次に4声、最後に2声。
先生が規定回数(おまけしてくれることもある)弾いて、答え合わせとしてみんなが一人一小節ずつ歌っていく。4声は一人1つの和音を下から言っていく、2声は上声・下声それぞれ一人一小節ずつ歌っていく。
最初の頃は上から2つめのクラス(1時間)だったんですが、途中から一番難しいクラス(1時間半)になったので、ここでさらに単旋律がプラスされました。確か。その辺で時間の違いがうまれてくる。
聴音の後はソルフェ。普通に『新曲視唱577』みたいなのを使って順々に歌っていきました。
(あの頃は簡単だった……今はハ音記号が……><)
先生はとってもお優しいんだけど、それよりも何よりもセレブなマダム。ブランドのセットアップ着てらっしゃるイメージしかもはや思い出せない。パンツはあまり履かれないんじゃないかな。
そうそう、最初に音楽学校入るとき、この先生に相談させていただきました。

ピアノ。
服部先生に教えていただきました。
県芸は大抵ツェルニーから選ぶんですが、最初30から選んだ曲が3ヶ月くらいで完成してしまったので、次は40から選ぶことに。40が一通り弾けるようになったらソナチネアルバム、それから40の別の曲、と弾いて、結論は2つめに選んだ曲で受験しました。
ツェルニーが簡単だからなのかどうかわかりませんが、いや多分そればっかりじゃない、先生の教え方がすごく上手いから3ヶ月とかで弾けるようになったんだろうな。あ、まあ毎日ピアノの練習してたのもあるかもだけど……
どう上手いかは分析できないんだけど、とにかく、注意が具体的。


結果、愛知県立芸術大学の音楽学部、作曲専攻作曲コースに見事合格したわけです。見事? ぎりぎりやろ?
でも合格やねん。わしみたいな出戻り(?)でも入れたねん。

というわけで音楽学校についてでした。なんか思い出深いなあ。

>>名古屋音楽学校まで通うのが大変な方は? →名古屋や東海地方で和声・作曲を学ぶならこちら

テーマ : 作曲
ジャンル : 音楽

tag : ピアノ ソルフェージュ 和声 作曲

2011-03-31 : 名古屋音楽学校 : コメント : 3 : トラックバック : 0
Pagetop

日本語

今日のソルフェも相変わらず死亡。
とにかく引き歌いと移調奏を頑張って練習して、視唱はハ音記号を効率的に読む画期的な方法を開発しなければならない。移動ドやってんだからできるはずだ。頑張れ自分!
うーハ音記号爆発しろ><

フラ語テストはうまくいきました。


で、言語学なんですけれども。
日本語って、鎌倉室町くらいの頃までは、ハ行って「p」で発音してたんだって。
それが、「Φ(唇を「う」みたいに丸めて摩擦音を出す。ふぁふぃふふぇふぉみたいな発音だが噛まない)」で発音するようになり、それが江戸時代頃まで続いた。私も歴史の教科書で、ポルトガル人が「日本」のことを「nifon」と綴っていた史料を覚えている。そーいや「にほん」「にっぽん」もそれっぽくない?
それって……もしかして、たとえば千原さんとか、古い日本を舞台とした歌を歌うとき、ハ行はpやΦで発音すべきなんだろうか。(もちろん作曲家の意向はあるにせよ)
それで発音したときのデメリットは、歌詩が聴衆に伝わりにくいってことだと思うんだけど……
でも私だったらpやΦで発音させるような気がする。だってより本物に近づけたいし、それが研究成果だと思うんだよね。聴衆がわかんないんだったら、パンフにその説明を書けばいいわけで。
実際どう発音してるのかな。私が知ってる千原さんは少ないから参考にならないけど、聴いた限りでは現代の発音だった気がする。千原さん以外で昔の日本を扱った人は全然知らないし。

そーいや、まさに今日、語頭以外にハ行が出てくるのは「はは」「あひる」だけで、そのほかの語はすべて複合語なんだよ、って話をしたんだけど、上述の「にほん」ってまさにこれじゃね? にほんって正式名称じゃないのか? 日本国って「にっぽんこく」が正式なのかなあ? 私はずっとにほんって言ってるんだけど……。

テーマ : 合唱あれこれ
ジャンル : 学問・文化・芸術

tag : 日本語 ソルフェージュ 言語学 合唱

2011-01-17 : 県芸 : コメント : 2 : トラックバック : 0
Pagetop

ソルフェージュ試験

ソルフェージュ試験第2日目でした。(初日は先週)
今日は新曲視唱。しかし……どう考えても受験の時より簡単だったぞ……
強弱も考えて歌えたし、止まったの1ヶ所だけだったし(止まるなよって話ですが)、かなり簡単でした。
ただ速度を考えられなかったのはちょっと懸案……案? 懸念か。
でもひょっとしたら受験の時は移動ドで歌ったからうまく転調に対応できなかったのかもしれず。ま、いいか。
ああ、それよりも喉の調子が悪かったことの方が……

その後学食で対位法。みんなは明日の西洋音楽史の勉強してた。わしもそろそろやらなきゃなあ。
では勉強してまいります。

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

tag : ソルフェージュ

2010-07-26 : 県芸 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
ホーム  次のページ »

スペック

まつい

Author:まつい

フリーで作曲・指揮をしております。
ベルソンピアノコンクール演奏会編曲家
 >>facebook

□■ 初演・再演情報 ■□
 16/01/15new
□■演奏会情報■□
 16/04/01new
□■ お仕事募集中!■□
□■ 教えられます ■□


↓むかし↓
愛知県立芸術大学音楽学部音楽科作曲専攻卒業
四日市市民オペラ「椿姫」副指揮者
三河市民オペラ「トゥーランドット」副指揮者
オペラ工房元副指揮者
名古屋音楽学校作曲科元受講生
混声合唱団名古屋大学コール・グランツェ28期OV
(名古屋大学文学部人文学科日本史学専攻近世史研究室卒業)
長良高校コーラス部平成14年度卒業生

カウンタ

since 2009/01/01

ブログランキング

こいつ、できる…! と思われた方、↑クリックよろしくお願いします。

タグクラウドとサーチ

ソルフェージュ
ベートーヴェン オーケストラ コンクール 編曲 合唱 クラリネット アニメ 作曲 宗教 ミュージカル ネタ 弦楽器 指揮 ジャズ 演奏会 オペラ 初演 おんがく・むじか 病気・健康 旅行 俳句 短歌・俳句 カラヤン ビゼー プッチーニ 声楽 歌曲 フーガ 仕事 ソルフェージュ 対位法 和声 楽典 木管楽器 写真 金管楽器 電子音楽 ToDo 自作品 近藤先生レッスン 漫画 現代音楽 青少年音楽入門 バーンスタイン 絶対音楽 料理 日本音楽 管楽器 洋楽 自作作品 副指揮 レシピ 日本史 政治経済 ストコフスキー 音源 バッハ オーケストレーション 買い物 楽譜 オケストレーション ヒナステラ EL&P 世界史 尺八 吹奏楽 ポルナレフ 木下牧子 チンクエッティ クイーン フーファイターズ レッドホットチリペッパーズ レディオヘッド 音楽学 音楽史 ドイツ語 パナムジカ メンデルスゾーン サックス シュワントナー ディーリアス 岐阜 ホヴァネス ピアノ オッフェンバック ブルックナー ラフマニノフ バルトーク ラッヘンマン 作品 オーディオ 弦楽四重奏 教職 ラヴェル 譜面 ブルッフ シベリウス パガニーニ サン・サーンス チャイコフスキー ヴァイオリン協奏曲 教育 アンダーソン デザイン 日本語 ガーシュイン ブーレーズ 打楽器 日本音楽コンクール イベール 外国語 ドヴォルザーク 指導法

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QRコード