スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

2016 あけましておめでとうございます。

本年もよろしくお願いいたします。

今年の目標は、去年と同じで、作曲も編曲も指揮も、人様のお役に立つってことです。
もはや自分のために音楽をやる段階は過ぎてしまったな。
(体力的キャパシティもないしね。)

例の感覚をもう一度文章化。
自分が音楽を利用するのではなく、音楽が自分を利用して曲を書いたり指揮をしたり歌ったりする。
自分の紡いだ音楽は、音楽の神様や音楽という概念(おんがく・むじか)へのお供え物。
自分が音楽を使って何をやりたいか、なんて糞ほどの価値もない。
音楽は手段ではなく目的。

……というのも賛否両論ありますがね。
例のハンスリックのあれですけど。多分。
たとえばオペラには歌詞があるが果たして音楽が目的なのか、それともストーリーが目的なのか? という問題もある。

ただまあ、私の感覚は総合的に芸術を神様にお供えするイメージですね。
感覚の問題ですねえ、多分。


話は変わりますが、今年の予定は、4月に本番、6月にも多分本番、その他編曲をいくつか、といったお品書きです。
また近づきましたらお知らせいたします。

さて去年やり残した仕事をやらねば……。
スポンサーサイト

tag : おんがく・むじか

2016-01-01 : 由無事 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

ううーむ

雑誌に触発されて着たい服を絵にしてみたりするけど、画力がなさ過ぎて気持ちがしぼんでしまう……。
実際に作った方が早かったりして?
ドレスに限らず、着たい服をイメージした曲を書いてみるのも面白いだろうな。
今欲しいアイテムたくさんあるからの。

やはり、自分が作った服や詩に曲を付ける方が合ってるみたいだ。
他人が手を加えたものはよっぽどじゃないと思い入れられない。

音楽を擬人化したいけど、偶像にはしたくないな。
絵にしたり立体物にした瞬間に陳腐なものになってしまう気がする。
あくまで脳内イメージでいるべきなんだろう。

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

tag : ベートーヴェン 作曲 おんがく・むじか

2014-09-19 : 由無事 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

五芸祭終わり。

五芸祭でした。
楽しかった。
マエストロにいろいろお褒めいただいて嬉しかった。
私にとって5/24は一つのタスクに過ぎないと思っていたら全然そんなことはなかったぜ。

自分のこと。
マエストロにスコアを貸していただいて、ショスタコとストラヴィンスキーのリハを見学した。
マエストロは火の鳥のことを「完璧なオーケストレーション」とおっしゃったけど、私には多分いつまで経ってもここまで届く気がしなくて、とても悔しい。そりゃ、地道に勉強すればちょっとは上達すると思う。でも、多分、歌のように上手くは書けない。(歌を本当に上手く書けるかどうかは置いといて)

そんで、本番はアンコールの待機のために客席の外で座って聴いてたのだけど、何だかとても不思議な気分だった。ずごごごごって感じだった。
あの感じが何者なのか、まだよくわからない。ただ、多分リハから見ていたから感じたことなのだろうと思う。
私はやっぱり、演奏会に赴いて曲を聴くことはあまり得意でなくて、演奏に参加したりリハに付き合ったりとかそういうことから血肉を得ていくタイプなのだろうなと思う。まあ、そりゃあ誰でもただ聴くだけよりはリハに参加する方が勉強になるだろうけど、さしあたり自分に関してはとてもそう感じる。
だから今回、マエストロに誘っていただけたのはとても幸運だった。結果的にこのずごごごごって感じを体験できることになったわけだから。

今回マエストロのリハを見学して、また本番を聴いて、あとマエストロといろいろお話しして、感じたこと。
今まで私は、指揮はしたいけど指揮者になりたいわけではないし、もっと言うなら指導はしたいけど指揮をしたいわけではない、と思っていた。つまり、指導するのは楽しいけど、棒を振ることには大して魅力を感じていなかった。
しかし、今回の舞台があって、ひょっとして指揮をするのって楽しいのじゃないかと思えるようになってきた。
棒の動き、腕の動き、指の動きで、言葉に出さなくても音が変わる。私がもっと耳を鍛えて、棒を特訓したら、そういう経験ができるのかもしれない。
それは、指導するだけではなく、指揮を振らないとわからない。
その経験に近づいてみるのも、一つの道なのかもしれない。
どうなるかわからんけど。

もう一つ感じたことがある。
私の本能的な欲求として、他人に認められたいというのがあり、そのために音楽の世界にいるというか、あえて言うならそのために音楽を利用しているという姿勢でいる。
けれども今回の舞台で、ひょっとして音楽を作り上げる(今回は作曲で感じたのではなく指揮ね)上で自分なんてどうでもよくて、ただ音楽それ自体が重要なのではないかと感じた。
自分という人間のために音楽を利用するのがおこがましいような気がした。
もっと言うなら音楽を○○に利用すること自体、今の私には何か違うように思えた。
音楽に携わる・演奏するというのが、音楽というクラウドにアクセスしてそれをダウンロードするということに似ていると思った。
いや、音楽の神にアクセスしてその力を借りると言った方が近いのかな。
おんがく・むじかほど身近な存在でない、もっと大きな存在を感じた。
音楽の前には、自分なんて糞ほどの価値もない。
自分の人生をよりよいものにするために音楽を利用するのではなく、その逆で、音楽をよりよいものにするために自分を利用する。
道具は音楽ではなく自分の方だ。
と、思った。
宗教的だけど、音楽を神に捧げるのではなく、音楽の神に自分を捧げるような感覚があって、キリスト教の音楽の考え方とは違うのかも。唯一神やイエスキリストは、私にとってはどうでもいい。音楽の神というのはどちらかというと多神教的で、けれども私にとっては音楽と音楽の神は同一のもので、そのために自分がいるという感覚。
そしてそれは、多分、おんがく・むじかとも同一のもの。

この感覚がずっと続くかどうかわからないので、とりあえず「おんがく・むじか」タグを付けて残しておこう。

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

tag : 合唱 指揮 おんがく・むじか 演奏会

2014-05-26 : 県芸 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

先日の兵庫行き

兵庫の後東京行ったというのに兵庫の話。
誤解を恐れずにまつい流の解釈で言うなら、楽器を擬人化してみようというお話。
そのキャラクタさえしっかりしていれば、あとは彼らが勝手に動き出し、お話ができてくる。
ただ実際にお話作るときは、彼らの価値観や過去まできっちり決めてから考え始めるので、それだと(私が)融通きかないかもね。
あと大事なのはキャラクタごとの関係性。FlとObはどういう関係なの? どういう話をしてどういうところで意見が合うの? とか。
そう考えると、私はかなり管理してお話・曲を書こうとしてしまうかもしれない。個人的にそれはあまり好ましくない。

誰と誰は喧嘩する・馬が合わないんだろう? そこもよく考えたいところだが。

あれからいろいろあったけど、おんがく・むじかという考え方は今でも保持している。ただ、繋がらなくなっただけで。
おんがく・むじかを通して、誰と繋がろうか? それがとても楽しみ。

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

tag : ベートーヴェン 作曲 おんがく・むじか

2014-05-02 : 由無事 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

ただの呟き

パリに行って分かったことは、英語、しゃべれるけど聞き取れないなってこと。
(いやあフランス語使われたってこともありますけど)
やはり聞き取りは語彙力、というわけで、ミュージックセオリーを口に出して読む作業を始めようと思います。
いい発音でね!
音楽用語は覚えなきゃ始まらない。

今日サックスカルテットを書いたのだけど、おんがく・むじかに突っ返されそうな気がする、、、
もっと真面目にやれ、と。
手を抜かないって難しい。
君のためにはちゃんと16.まで書くからさ。今回は五合目なんだよ。
つっても6/16だから半分以下だけどね、、、

曲を書いても、+の数字が増えることはあっても、-の数字が0に近づくことは無いな。
不思議。
私はグラフの凹んでる部分を平らにしたいから曲を書いてるのに、むしろ凹みが大きくなってる気すらする。
多分鰹節をけずって凹んじゃったんだろう。
それでも何もしないよりはまし。

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

tag : おんがく・むじか 作曲

2014-03-10 : 由無事 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
ホーム  次のページ »

スペック

まつい

Author:まつい

フリーで作曲・指揮をしております。
ベルソンピアノコンクール演奏会編曲家
 >>facebook

□■ 初演・再演情報 ■□
 16/01/15new
□■演奏会情報■□
 16/04/01new
□■ お仕事募集中!■□
□■ 教えられます ■□


↓むかし↓
愛知県立芸術大学音楽学部音楽科作曲専攻卒業
四日市市民オペラ「椿姫」副指揮者
三河市民オペラ「トゥーランドット」副指揮者
オペラ工房元副指揮者
名古屋音楽学校作曲科元受講生
混声合唱団名古屋大学コール・グランツェ28期OV
(名古屋大学文学部人文学科日本史学専攻近世史研究室卒業)
長良高校コーラス部平成14年度卒業生

カウンタ

since 2009/01/01

ブログランキング

こいつ、できる…! と思われた方、↑クリックよろしくお願いします。

タグクラウドとサーチ

おんがく・むじか
ベートーヴェン オーケストラ コンクール 編曲 合唱 クラリネット アニメ 作曲 宗教 ミュージカル ネタ 弦楽器 指揮 ジャズ 演奏会 オペラ 初演 おんがく・むじか 病気・健康 旅行 俳句 短歌・俳句 カラヤン ビゼー プッチーニ 声楽 歌曲 フーガ 仕事 ソルフェージュ 対位法 和声 楽典 木管楽器 写真 金管楽器 電子音楽 ToDo 自作品 近藤先生レッスン 漫画 現代音楽 青少年音楽入門 バーンスタイン 絶対音楽 料理 日本音楽 管楽器 洋楽 自作作品 副指揮 レシピ 日本史 政治経済 ストコフスキー 音源 バッハ オーケストレーション 買い物 楽譜 オケストレーション ヒナステラ EL&P 世界史 尺八 吹奏楽 ポルナレフ 木下牧子 チンクエッティ クイーン フーファイターズ レッドホットチリペッパーズ レディオヘッド 音楽学 音楽史 ドイツ語 パナムジカ メンデルスゾーン サックス シュワントナー ディーリアス 岐阜 ホヴァネス ピアノ オッフェンバック ブルックナー ラフマニノフ バルトーク ラッヘンマン 作品 オーディオ 弦楽四重奏 教職 ラヴェル 譜面 ブルッフ シベリウス パガニーニ サン・サーンス チャイコフスキー ヴァイオリン協奏曲 教育 アンダーソン デザイン 日本語 ガーシュイン ブーレーズ 打楽器 日本音楽コンクール イベール 外国語 ドヴォルザーク 指導法

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。